2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ベルばらレジェンドに大浦みずきさん登場! | トップページ | ナポレオンの兵隊さん 1813年 »

2006年3月27日 (月)

お便り募集&紹介

3/25のベルばらKids★読者のお便りから

ベルナールもファンが多そうですね。読者のお便りを紹介します。

★プーさんのママさん
 ベルナール・シャトレは、いわずと知れたロザリーの夫となる男ですが、30年前、ベルばら熱覚めやらぬ私が、学校の図書館でフランス革命の本を読みあさっていると、まさに、ベルナールが市民に蜂起を促すシーンがでており、「カミーユ・デムーラン」という、実在のジャーナリストだったことを知り2度ビックリしました。黒い騎士、ロザリー、うんぬんはフィクションでしょうが、こんな盗賊なら逃がしても良いかなーと思うのは、大半の読者の考えでしょう。
 でも、彼の剣でアンドレの目が悪くなったことを思うと、やっぱり腹立つーとも、思います。

★さちさん
 絢爛豪華なシャンデリアを見て、「オペラ座の怪人」を思い出しちゃいました(宝塚でも「ファントム」として上演されてますよね。)
 黒い騎士の仮面に隠れた表情が気になる~。そして、シャンデリアを落下させ命を奪おうとする、怪人に勝るとも劣らないポリニャック夫人の執念がコワイ。
 そう言えば、アントワネット・フェルゼン・オスカルが運命の出会いをしたのもオペラ座の仮装舞踏会だった。ベルサイユ宮殿も行きたいけど、パリ・オペラ座も訪れたい場所です。

---
(スタッフより)現在のオペラ座(オペラ・ガルニエ)はアントワネットの死後約80年にオープンしたので、3人が出会ったのはこの建物ではなかったようです。詳しくはbe紙面「(ベルばらKids)パリのオペラ座にて」05/10/8付の記事をご覧下さい。会員制サイト「クラブA&A」でもお読みいただけます。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/03/27 17:48:03 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/9284413

この記事へのトラックバック一覧です: 3/25のベルばらKids★読者のお便りから: