2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 似たもの王妃 1819年 | トップページ | 今週のベルばらKidsは「締め切りはつらいよ」 »

2006年3月 9日 (木)

テーマ投稿

―安蘭さん、朝海さん!★「あなたの宝塚オスカルは?」お答え

「あなたにとっての「宝塚オスカル」は?」というテーマでいただいた皆さんからのご意見。まとめてご紹介いたします。

★kumakumaさま
星組の東京公演を観てきました。
宝塚の「ベルばら」は、昭和の頃からテレビ観劇していたのですが、今回初めてナマで観ました。
もう、オープニングから感激!
観る前は、安蘭けいってアンドレって感じじゃん。と思ってたのですが、男っぽすぎず、女っぽすぎずステキなオスカル様でした。
しかし、オスカル様のかつら、だんだんよくなりますねー。昔に比べると、すごーく原作に近づいてきましたね。
それにブーツ。昔は膝下の黒いブーツしかなかったのに(原作はそうなんですけど)平成版の頃から白いスーパーロングブーツになったり。
「ゆけ!フェルゼン」のバックが、以前は確か実写だったのに、CGになったり(途中、縮尺がヘンだったけど)。
昔から観てると、こういう変遷が楽しいですねー。

★のんのこさま
先日、初めて宝塚へ念願だったベルばらの公演を見に行きました。最初は雰囲気に圧倒されて最後までついていけるかしら?と不安になったものの、オスカルが登場し、話が展開していくと自然に世界に引き込まれました。私が見た、朝海ひかるさんのオスカルは少し声が高めで、男装の麗人という雰囲気が良く出ていたと思います。私は見逃してしまいましたが、もし、アンドレ役だった貴城けいさんがオスカルを演じたら、さぞ爽やかなオスカルだったのではないだろうか?と帰りの電車の中で思いを巡らせながら帰途に着きました。

★絽ざりーさま
朝海ひかる、もうダントツでしょう。男らしいオスカル役にしては、多少可愛らし過ぎるきらいもありますが、そんな宝塚のオスカルも有りだと思います。あそこは夢の世界ですしね。

★ようこさま
東京の星組公演を観てきました。
安蘭オスカルは先日あんなにやさぐれた感じのアンドレを演じていた人とは思えないくらい繊細でした。
星組バージョンはオスカルとアンドレにはあまり重点を置いていないのでオスカル&アンドレ好きにはちょっとさみしいですが、今宵一夜のシーンは初めて結ばれる二人の微妙な心理がよく表現されていましたし、バスティーユの熱演も良かったです。
あとは今回から新しく加わった一幕最後の場面では、幕が下りる前フェルゼンに近寄ろうとしてアンドレに止められ切ない表情をする…という乙女な部分も描かれていて、こういう細かなところでアンドレ→オスカル→フェルゼンという想いを寄せている背景などがよく出ていて良かったと思います。

平成の花組版から全て観ていますが、個人的には歴代オスカルで一番好きです。

---

それぞれのオスカル。それぞれのベルばら。幾通りも楽しめるのが宝塚舞台の魅力ですよね!

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/03/09 10:00:00 テーマ投稿 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/8909354

この記事へのトラックバック一覧です: ―安蘭さん、朝海さん!★「あなたの宝塚オスカルは?」お答え: