2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週の感想・このまま朝まで | トップページ | 今週の感想・「誠実な男・アンドレ」 »

2006年4月 4日 (火)

お便り募集&紹介

4/1のベルばらKids★読者のお便りから

身長178cmの決して軽くはない(であろう)オスカルを抱きかかえる我らがアンドレですが・・・、

★プーさんのママさん
誠実な男・アンドレ
大変稀有な、理想の男性像ですね。
常に、影のようにオスカルのそばにいて、助け、護衛し・・・
オスカルのほうは、幼なじみ兼兄妹といったような感情が主で、(当時の身分制度もあり)たまりかねたアンドレはやや強い態度で、自分の気持ちと異性として認めてほしいと訴えますが、それでも、あくまで彼女の気持ちを尊重し仕えています。あれほどの才色兼備ですから、オスカルをめぐる異性関係は皆無ではなく、その相手によってアンドレの感情も高まり、変わっているように見えます。
フェルゼンに対しては、いくらオスカルが片思いをしても、マリー・アントワネットと恋愛中でまったく気がついてもらえない彼女の心情を思いやる方が多いように見えますし、フェルゼン自体が同性としても尊敬できる男だったのでは?

★nekunekuさん
「静かなる男アンドレ」
あの頃のアンドレの“あご”はアニメのアランのような”割れあご”でしたね・・(T0T)
熱い熱ーい思いを抱いている事など知る由もないオスカル様・・・酷ですよね・・・
静かなる男が2度はじけてしまいますが、それをkidsではどうーなるのか?
とっても楽しみですぅ。

★みなぴーさん
今週もKids楽しく読みました。
アンドレがオスカルを抱いて歩きながらキスするシーンは、原作の中で最も好きな場面のひとつです。オスカルのこの時のキスの記憶が、のちにジェローデルとのキスで「私の知っている唇は…」とアンドレへの愛に気づく場面につながるのですよね。子供の頃最初に読んだ時には、オスカルの初めてのキスシーンにドキドキしました。そんなエエトコだのにアンドレったら…エジプト?
(あのジェローデルとの場面も好きです。『あなたはバラの花びらをたべるのですか?』って宝塚で入れてほしい台詞No.1です!)
もうひとつのお話は、国王陛下が蜂にさされてお茶の水博士みたいになっちゃって可愛いですね。陛下は昔から変わらぬ、愛すべきいいキャラですわ。

----
原作とのこのギャップ・・・、池田理代子先生バンザイ!ですね。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/04/04 7:03:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/9424817

この記事へのトラックバック一覧です: 4/1のベルばらKids★読者のお便りから: