2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ば、ばあやが…☆4/29のKids感想★お便りから | トップページ | 最後の息をひきとるまで☆ベルばら『名セリフ』 »

2006年5月 4日 (木)

Kidsのアトリエから

「世界史レッスン」中野京子先生の本をプレゼント!

メンデルスゾーンとアンデルセン

 アサヒ・コムゴールデンウィーク特集では、「世界史レッスン」を連載している中野京子先生の新刊「メンデルスゾーンとアンデルセン」プレゼントしています。

 この本では、ドイツの作曲家メンデルスゾーン、デンマークの作家アンデルセン、スウェーデンのソプラノ歌手リンドの、境遇も生まれも違う3人の出会いと別れが激動の19世紀を舞台に描かれています。
 メンデルスゾーンは資産家の家に生まれました。恵まれた境遇に育ち、幼い頃から大変優秀で、早熟の天才と言われました。しかしユダヤ人だったため、いわれなき差別を受け続け、38年で生涯を閉じます。
 一方のアンデルセンは、「ナポレオンの兵隊さん」のエピソードにあるように、生家は貧しい靴屋。父親は戦争から戻った後、心身を病んで死んでしまいます。しかし、アンデルセンは楽天家。「自分はきっと成功する」と信じ、その信念と才能で、とうとう世界的童話作家まで登りつめたのでした。
 小説では、もう一人の登場人物、スウェーデンの国民的女性歌手リンドと彼らとの交流が描かれます。
 「世界史レッスン」とは時代が異なりますが、静謐ながらも熱い筆致で3人の運命がつづられています。きれいな装丁と挿絵で読みやすく、当時の著名な人物たちのエピソードも盛りだくさんです。

■アサヒ・コム連休特集プレゼントページへ

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/05/04 10:00:00 Kidsのアトリエから | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/9867550

この記事へのトラックバック一覧です: 「世界史レッスン」中野京子先生の本をプレゼント!:

» 夫を殺害してまでも トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の<世界史レッスン>第12回は、「ワンチャンスをものにする」。ドイツ人ゾフィが、不思議な運命のいたずらによってロシア女帝になるまでを書きました。⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2006/05/post_5e20.html#more  エカテリーナ2世については山ほど作品があるが、アンリ・トロワイヤの「女帝エカテリーナ」が群を抜いておもし... 続きを読む

受信: 2006/05/04 14:49:41