2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ―バラの花びらを…☆「ベルばら名セリフ」お答え | トップページ | ―社内の王侯貴族たち★「ベルばらな人たち」お答え »

2006年5月 5日 (金)

お便り募集&紹介

権力者には逆らえない?☆「ベルばらの娘たち」を読んで<お便りから>

松尾慈子さんの「ベルばらの娘たち」に感想をいただきました。

★Pekoeさん
フランス宮廷を舞台にした少女マンガ、確かにすぐには思いつきません。「ベルばら」を真似して絵を描いていた人はたくさんいたに違いないのに、それが結実しなかった?
小説はいろいろありますね。デュマは本当に面白いです。「危険な関係」もときどき読み返します。
この時代を舞台にした映画もコンスタントに作られ続けている気がします。例えば「アマデウス」「宮廷料理人ヴァテール」「王は踊る」など。セットなどお金がかかって大変だと思うのですが、時代を超えて受ける要素があるのでしょうか。(私は絢爛すぎる映像に胸焼けすることがあります。)

★鳥子さん
昔アンジェリクを読んだ時の感想は、きれいだとルイ14世のような権力者に色仕掛けで迫られて大変だなあという素朴なものでした。権力者には目をつけられたが最後、(アンジェリクはともかくも)普通は逆らえません。オスカルがもし女性として育って宮廷に上がったら・・・。男として育って本当によかったなと思います。

---
フランス宮廷を舞台にしたものは、映画だとたくさんありますね。オスカルたちの姿を想像しながら観るというのもまた違った楽しみ方なのでは。少女マンガに少ないのはドレスのひだやフリルを描くのが大変だったからですかね?なんて邪推です。

豪華絢爛なベルサイユ宮殿は、華やかな少女漫画の舞台にはぴったりかもしれない

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/05/05 22:00:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/9865808

この記事へのトラックバック一覧です: 権力者には逆らえない?☆「ベルばらの娘たち」を読んで<お便りから>: