2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 最後の息をひきとるまで☆ベルばら『名セリフ』 | トップページ | 権力者には逆らえない?☆「ベルばらの娘たち」を読んで<お便りから> »

2006年5月 5日 (金)

テーマ投稿

―バラの花びらを…☆「ベルばら名セリフ」お答え

テーマ投稿「ベルばらなればこそ!の『名セリフ』」にいただいたお便りです。

☆プーさんのママさん
なんと言っても、オスカル様が絶命する少し前に言った、「神の愛にむくいる術ももたないほど小さな存在ではあるけれど・・・自己の真実のみにしたがい、一瞬たりとも悔いなくあたえられた生をいきた、人間としてそれ以上のよろこびがあるだろうか、ああ人間が長いあいだくりかえしてきた生の営みを、わ・・・たし・・・も・・・」30年たった今でも、何回読んでも滂沱の涙が出ます。(個人的見解ですが、一番、池田先生がおっしゃりたかったことでは?)時を経て、さらに、読者に問いかけてくる、珠玉の名セリフであると思います。そして、池田先生が若干20代の若さでこの作品を世に出されたことにひたすら驚嘆と畏敬の念を感じます。

☆みゆりん
ジェローデルの台詞
「あなたはバラの花びらを食べるのですか?」
どんなに男のように振舞っても、「そんなあなたがいたいたしい」と臆面もなく愛を告げるジェローデルに照れ、花びらを噛むオスカルを見てのひとこと。
オスカルの純情さが表れる大好きなシーンです。

---
何で花びらを噛むのだろうと不思議に思ったことを思い出しました(昔のマンガにはよく出てきますよね)。
しかし、そこですかさず上記のセリフ。ジェローデル、自分のことをよくわかってますね。

テーマ投稿募集「ベルばらなればこそ!の『名セリフ』」

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/05/05 13:02:00 テーマ投稿 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/9847410

この記事へのトラックバック一覧です: ―バラの花びらを…☆「ベルばら名セリフ」お答え: