2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 当時以上にはまってしまった☆お便り | トップページ | なんだか怪しい!☆お便りから »

2006年6月12日 (月)

お便り募集&紹介

トラウマになりそう・・・☆お便りから

中野先生の「処刑台のある風景 1772年」に感想をいただきました。

☆プーさんのママさん
 正直に申し上げますと今回はトラウマになりそうでした。しばらくこのコラムが頭の中をよぎり、あれは18世紀の外国の話なんだ、現代ではない。でも・・・と思い出しては打ち消すの連続で、数日後忘れかけたところへPTA役員の慣例行事で戦争資料館にいかねばならず、またそこで凄惨な資料の数々を見て、本当に人間って愚かしいことを繰り返してきたのだと感じました。でも、その多大な犠牲の上で私たちの今の平和があるのかもしれませんが・・・
 さて、中野先生の『オペラでたのしむ名作文学』表紙画像を今、拝見しております。「ファウスト」のところを読んで「時よ、とまれ。おまえは美しい」という名文はここからだったのですね。悪魔との契約でこの世の欲望をすべてかなえたけれども、その末路は・・・ゲーテが、60年もかけた名作ですが、原作はたいそう難しく、完読は、いつになるやら?です。


---
プーさんのママさんは繊細でいらっしゃるんですね。このような時代背景を頭に入れてを読み直すと、また違った観点から「ベルばら」を見ることができそうですね。

★中野先生よりお返事です★
 今回、凄惨な話になってしまい、ごめんなさい。
 ところで「オペラでたのしむ名作文学」を読んでくださっているとのこと、嬉しいです♪ぜひ感想を聞かせてくださいね。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/06/12 12:53:04 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/10492335

この記事へのトラックバック一覧です: トラウマになりそう・・・☆お便りから: