2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 「お母さん許して…ベルばらざんげ話」 ★テーマ投稿 | トップページ | 歴史 »

2006年6月13日 (火)

世界史レッスン

血族結婚くりかえしの果てに 1700年

~アントワネット生誕55年前~

 1700年、カルロス2世がついに世を去る。39歳の誕生日直前だった。この王にしては、存外、長生きしたといえよう。世継ぎは残せず、ここにスペイン・ハプスブルク王朝200年の歴史が幕を閉じた。

 

※     ※     ※     

 このコラムは、アサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「世界史レッスン」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2006/06/13 8:27:18 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/10504734

この記事へのトラックバック一覧です: 血族結婚くりかえしの果てに 1700年:

» スペイン・ハプスブルク家ーー血族結婚による御家断絶 トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第18回目は、「血族結婚くりかえしの果てに」。約200年続いたスペイン・ハプスブルク王朝が、度重なる血族間の婚姻によって、まるで血の呪いのごとき5代目カルロス2世を生み出し、ついに御家断絶に至るまでを書いた。⇒http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/10504734  スペインにオーストリアの血が混じるのは、「�... 続きを読む

受信: 2006/06/13 10:13:21