2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 血族結婚くりかえしの果てに 1700年 | トップページ | ―いっさいがわたしを・・・★「ベルばら名セリフ」お答え »

2006年6月14日 (水)

ベルばら絵日記

歴史

中野京子先生の「世界史レッスン」を2週にわたり熟読させていただき(あ、毎週読んでます!!)、自分なりにこの時代を理解したくなり、フランス革命をネットで検索してみました。

そしたらね・・・
「甘いね・・・あたしゃなんて甘いんだ・・・」
フランス革命だよ?この大いなる革命を達成させるまでの間に、一体どれぐらいの血が、流されたことだろうか・・・
オスカルとアンドレが生きたこの時代が、いかに不平等で残虐な時代であったことか!!
表面的な美しさときらびやかさに惑わされ、歴史の裏舞台の凄惨さをみることなく、
「オスカル様、すてき〜!」とか「アンドレってかっこいい〜!」
と、ただ喜んでいたのだが、
ごめんねオスカル!許してアンドレ!!2人の愛ってまさに生をかけた愛!!
今回、こういった歴史の真実を知り、再度ベルばらを読むと、これまた違った意味で、
オスカルを愛してしまうなとみであった・・・。


1_1


---
★中野先生の過去2週のコラムはこちら
血族結婚くりかえしの果てに 1770年
処刑台のある風景 1772年

★みなさまの感想
この教科書間違ってるんじゃない?☆お便り

ヤマが的中!★お便りから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 なとみ みわ 2006/06/14 13:22:00 ベルばら絵日記 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/10520984

この記事へのトラックバック一覧です: 歴史: