2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 「着せ替え」もある!?★お便り | トップページ | 奈良発~古都でつながるものがたり »

2006年7月31日 (月)

お便り募集&紹介

人は翻弄され又変化していく☆7/29の感想★お便り

今週のベルばらKidsに感想をいただきました。

★プーさんのママさん
以前も書いたのですが、『~往復書簡』の中で、テレジアママが、「貴方は労せずして、特権を持って生を受けたのだからそれにふさわしい行動、働きをする義務があるのです。それには本を読み、メルシーの忠告をよく聞き・・・」と何度も忠告しましたが・・・ 「気づいた時はもう遅いのです。私は、そんなあなたの最後をみたくありません。」という予言は残念ながら当たってしまいました。 裁判で見せたアントワネットの気丈さ、最後の晩、義理の妹にあてた手紙の文面を読むと、環境、立場、タイミングいろんなものに、人は翻弄され、又、変化していくことも、可能なのだと教えてくれるようでもあります。ツワイクの小説は、その点、彼女に深い理解と愛情を、持って書かれていたように記憶しています。そして「自己の真実のみに従い・・・」ということの偉大さ、大変さを、痛感します。中野先生の新訳に期待しております。

---
お便りありがとうございました。中野先生の生み出すアントワネット像もまた楽しみですね。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/07/31 16:28:21 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/11166781

この記事へのトラックバック一覧です: 人は翻弄され又変化していく☆7/29の感想★お便り :