2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「癒し系の国王陛下」 | トップページ | 「王冠をかぶった娼婦」 1796年 »

2006年7月17日 (月)

ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内

バスティーユ牢獄跡

Icon1_2さあ、アンドレ終焉の地のあとは、やっぱりオスカルおねえちゃまの最期の地を見届けなくては!


Icon2_2おれはここにいなかったけれど、なんだか着く前から泣けちゃって・・・オ、オスカーーーール!(号泣)

Icon1_2いきなりしんみりしないでよね~。わ、わたしだって泣きたいわよ~!


Icon2_2 Icon1_2(二人でしばし号泣)

Bas_1a
バスティーユ広場中央に建つ円柱


Icon1_2つい取り乱したりして・・・失礼いたしました。さ、アンドレ、ガイドに戻るわよ。
えーと、ここがバスティーユ牢獄があったところなのね。今はバスティーユ広場か・・・すごい交通量!いまひとつしんみりムードに浸れないわっ。


Icon2_2この円柱、1789年の記念じゃないのか・・・。
いっそのこと、オスカルの彫像に変えちゃうのはどうかな?フランス政府に掛け合いに行かなくては!


Icon1_2まったく・・・オスカルおねえちゃまのことになると、すぐ暴走するのね(笑)
落ち着きなさいったら!


Icon2_2いかんいかん(赤面)
・・・いまは当然ながらバスティーユ牢獄の痕跡はないわけか。かろうじて牢獄の位置が赤い石畳で表示されているだけなんだね。残念!


Bas_1b
赤い線で囲った部分がバスティーユ牢獄の痕跡を示しています


Icon1_2でもね、カケラなら今もパリでたくさん見られるわよ。
まずは地下鉄のバスティーユ駅構内。バスティーユ牢獄の一部が残されているわ。こちらは1番線だけれど、別の路線のホームにはフランス革命の歴史を描いた壁画があって、圧巻よ!


バスティーユ駅構内
バスティーユ駅構内(1)


バスティーユ駅構内(2)
バスティーユ駅構内(2)


Icon2_2おっ、これは面白いな!
いっそのこと、オスカルの絵を描き加えちゃうのはどうかな?フランス政府に掛け合いに行かなくては!


Icon1_2こらアンドレ、暴走禁止っ!!累積警告2回目(笑)


Icon2_2おっとっと・・・。じゃあ大人しくしてます。


Icon1_2あとは、バスティーユ広場の近くにあるアンリ・ガリ小公園、それからコンコルド橋にもバスティーユ牢獄のがれきが使われているわ。カルナヴァレ博物館にもバスティーユのがれきを使ったバスティーユ牢獄の模型があるわね。


Icon2_2結構たくさん残っているんだなあ。廃品利用もしっかりできているし、えらいぞフランス人(笑)


アンリ・ガリ小公園
アンリ・ガリ小公園内にバスティーユ牢獄の遺構があります


Icon1_2バスティーユ牢獄陥落後、解体を請け負ったパロワという業者が、がれきを加工して記念品として発売したこともあるんですってよ。


Icon2_2おお、見事な商魂!脱帽だね。





Map_bas_3

1. バスティーユ牢獄跡

【最寄り駅】
 
メトロ1,5,7号線「Bastille」駅下車


2. アンリ・ガリ小公園

【最寄り駅】
 
メトロ7号線「Sully Morland」駅下車

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 えりりん 2006/07/17 11:55:00 ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/10931743

この記事へのトラックバック一覧です: バスティーユ牢獄跡 :