2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「「芳香宮」に夏が来ると」 | トップページ | 池田さん講演、350人が聴く 奈良でベルばら展 »

2006年8月 6日 (日)

宝塚ばらの伝説

「まさに巡りあい!」安奈淳さんインタビュー後編

Sanna0370  「ベルばらKidsぷらす」の宝塚ベルばら特集「ベルばらレジェンド」は安奈淳さんインタビューの後編をお届けします。
 インタビュー後半は、大人気スターの安奈淳さんが実は宝塚時代は「へんな子」だったエピソードなどをご紹介します。……など。芸能生活40周年を迎えてのエピソードや、ベルばらKidsの大ファンという安奈さんの熱いメッセージが聞ける動画もご覧いただけます。

(インタビューより)

―― 安奈さんは、宝塚はご自分の意志で入られたのではなかったとか?

 母が大ファンだったんですが、親に反対されて自分は入れなかったので、女の子が出来たら宝塚に入れようと決めていたんです。それで私が入れらてしまった(笑)。

――歌唱力と妖精のような可愛さが魅力で、早くから人気スターとして活躍されていましたね

 なぜか音楽学校にいる頃からファンがついたり、初舞台を踏んだらすぐに抜擢されたり、自覚も実力もないままどんどん前に押し出された感じでした。でもそれは別にイヤじゃなかったんですけど。

―― 一方、舞台人・安奈淳は意外に主張もあって、とくに美意識は強かったと聞きます。

 そういうところもありましたね。ショーでこういう衣装になるというデザイン画を見せてもらうと、衣装部さんに行って「この羽根をとって。これもいらないあれもいらない」と。衣装部さんがびっくりして「あんた、それじゃ何もなくなるよ?」って言うから「それでいいんです」。

-----------------

トップスターなのに、羽根はいらない?この後の安奈さんの弁は傑作です。インタビューの場で、思わず笑ってしまいました。

安奈淳さんは実は「ベルばらKids」の大ファン!土曜日の朝日新聞「be」の「ベルばらKids」は最後にとっておいて、何回も読むのだそうです。動画メッセージで熱いメッセージをいただいています。こちらもお楽しみに!ベルばらKidsぷらすでご覧下さい。

今は樹里咲穂さん「花嫁付き添い人の秘密」(銀座・博品館劇場)に出演中。また、8月20日には奈良県立図書情報館「ベルばらの時代展」トークショーも行われます。華奢な身体で、パワフルにさらに意欲的に取り組む安奈淳さんの今後の活躍がますます楽しみです。

「花嫁付き添い人の秘密」

期間・場所:
8月2日(水)~8日(火) 銀座・博品館劇場
8月11日(金) 茨城・つくばノバホール
8月19日(土) 大阪・シアタードラマシティ

出演:樹里咲穂、香坂千晶、星奈優里、森ほさち、戸井勝海、安奈淳

作:エリザベス・コールマン
翻訳・演出・美術:三輪えり花
音楽:石井一孝 ⇒公演情報はこちらでも

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/08/06 5:00:00 宝塚ばらの伝説 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/11243918

この記事へのトラックバック一覧です: 「まさに巡りあい!」安奈淳さんインタビュー後編: