2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 中野先生からのお返事 | トップページ | 着せ替え・浴衣編 »

2006年8月 8日 (火)

世界史レッスン

どんな病気もすぐ瀉血(しゃけつ) 1778年

~アントワネット23歳~

 1778年、マリー・アントワネットの初産(ういざん)は50人の貴族たちが見物する中、無事終了した。女児誕生のその直後、しかしアントワネットは部屋の蒸し暑さとストレスに耐えかね、失神してしまう。

※     ※     ※     

 このコラムは、アサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「世界史レッスン」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2006/08/08 10:02:32 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/11332597

この記事へのトラックバック一覧です: どんな病気もすぐ瀉血(しゃけつ) 1778年:

» 瀉血と床屋と血吸ヒルと・・・(世界史レッスン第26回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」に連載中の「世界史レッスン」第26回目の今日は、「どんな病気もすぐ瀉血」⇒http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2006/08/post_74f0.html#more。16世紀から18世紀に大流行し,19世紀半ば過ぎまで続いた瀉血(血管切開の他にヒルも使った)について書いた。  瀉血好き(?)の医者は、患者が貧血で卒倒したり痙攣しても続けたと�... 続きを読む

受信: 2006/08/08 10:31:38