2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 真琴つばささんインタビュー、元タカラジェンヌ追悼集をプレゼント―宝塚プレシャスから | トップページ | 古都『ならまち』で“ 涼 ”を味わう »

2006年8月22日 (火)

世界史レッスン

父王に殺されかけた軟弱息子

~アントワネット生誕15年前~

 軍人王とあだ名されるほど無骨で、自国を強化し絶対王政を確立させることに邁進(まいしん)していた父は、世継ぎの息子が気に入らなかった。哲学書を読み、オペラを聴き、フルートを吹く、「女の腐ったような奴」なのだ。

※     ※     ※     

 このコラムは、アサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「世界史レッスン」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2006/08/22 9:05:05 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/11553034

この記事へのトラックバック一覧です: 父王に殺されかけた軟弱息子:

» フリードリヒ大王、ホモセクシャル説(世界史レッスン第27回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第27回目の今日は、「父王に殺されかけた軟弱息子」。フリードリヒ大王の青春時代のエピソードについて書きました。⇒http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2006/08/post_e9d8.html#more  実はフリードリヒ大王はホモセクシャルだったのではないかとの説が根強く、確かに結婚はした(むしろ「させられた」)ものの、... 続きを読む

受信: 2006/08/22 11:16:30