2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« オスカルの病気がなんだったのか★お便り | トップページ | 王子は王子でもあの王子☆9/9の感想 »

2006年9月12日 (火)

世界史レッスン

18世紀ヨーロッパを席捲したフランス語 1765年

   

~アントワネット10歳~

 17、18世紀のヨーロッパ(イギリスのみ例外!)は、フランス文明に覆われていた時代といっていいだろう。どの国の王もヴェルサイユに似た宮殿を建てたがり、どの国の貴婦人もフランス・ファッションを取り入れたがり、へたでも何でもフランス語をしゃべりたがった。

※     ※     ※     

 このコラムは、アサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「世界史レッスン」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2006/09/12 9:08:59 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/11864378

この記事へのトラックバック一覧です: 18世紀ヨーロッパを席捲したフランス語 1765年:

» フリードリヒ大王のフランス語(世界史レッスン第30回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第30回目の今日は「18世紀ヨーロッパを席捲したフランス語」⇒http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2006/09/1765_25d5.html#more 当時のヨーロッパでいかにフランス語が権威を持っていたかについて書いた。  フリードリヒ大王が若いころ父王に殺されそうになったエピソードは第27回で書いたが、質実剛健のプロシャ王としては跡継ぎ�... 続きを読む

受信: 2006/09/12 10:17:08