2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ベルばらがランクイン!★お便りから | トップページ | 生ませた子どもは360人――アウグスト強健王  1713年 »

2006年10月 9日 (月)

お便り募集&紹介

ロザリーのようにかわいらしく★お便りから

10/7のベルばらKidsはロザリー2連弾でしたね。
お便りもロザリー2連弾です。

★アビさんさん
わたしはロザリー大好きですよ。可愛くて、心は強くて、優しくて、オスカルと7歳くらいしか違わないはずなのにいつまでも少女のようで、うらやましい。
わたしはすっかり年を取りましたが、昨日「ベルばらkids」の単行本を手にして、まだまだ夢を持たなければと感じました。ロザリーのようにかわいらしく、年を重ねようと思います。

★taku-yukiさん
ロザリーとプシュケ」を読んで
ロザリーとプシュケ、はかなげな姿で健気、でも芯はとても強く、神(貴族)にも愛される、そんな共通点があるのですね。でもひとつ違うのは、ロザリーはもともと貴族(神話の世界では神)なんですよね。
「貴族」=「素晴らしい」と言っては平民に失礼ですが、ロザリーは時々オスカルも驚くほどの高貴な表情をみせていましたし、悪い事とはいえ数々の才能を持つジャンヌも父親は貴族です。ベルナールも貴族の血を引いていますし、平民に限りなく近いけれど、強い正義感を持つアランも貴族です。ベルばらで印象に残る平民キャラは、実は貴族だったんですよね。
以前、環境は人を変えてしまう、と投稿したのとは反対になってしまうのですが、血は争えないというか、お里が知れるというか、それもまた真実なのかなと思いました。う~ん、難しいです。
あ、でも焼き芋をほおばるロザリーはとってもかわいく「庶民的」でした。

---
ロザリーは見かけで損をするタイプなんでしょうか。一見かわいらしくていかにも”女の子”という感じですけど、その実ものすごーくタフですもんね。
まあ、丹治さんのような熱烈ファンがいるから、誤解を生んでしまうのかもしれませんけど・・・(丹治さん、すみません)。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/10/09 14:25:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/12225417

この記事へのトラックバック一覧です: ロザリーのようにかわいらしく★お便りから: