2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« アランには男のロマン★11/4の感想☆お便り | トップページ | スカート »

2006年11月 7日 (火)

世界史レッスン

ナポレオンも苦言――ロマンティックな結核   1848年

  ~アントワネット没後55年~

 デュマ・フィスが自分の体験をもとに「椿姫」を書いたのは、1848年。その5年後にヴェルディがオペラ化して、現代に至るまで不動の人気を誇っているのは周知のとおり。

※     ※     ※     

 このコラムは、アサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「世界史レッスン」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2006/11/07 8:59:59 世界史レッスン | | トラックバック (2)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/12588199

この記事へのトラックバック一覧です: ナポレオンも苦言――ロマンティックな結核   1848年:

» 「プリティウーマン」−−現代の椿姫?(世界史レッスン第37回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」に連載中の「世界史レッスン」第37回目の今日は「ナポレオンも苦言−−ロマンティックな結核」⇒http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2006/11/post_0e87.html#more 19世紀末になるまで結核は伝染病と知られていなかったこと、おかげでこの病気はロマンティックなファッションにまでなったことについて書きました。  さしずめ結核は現代のエイ�... 続きを読む

受信: 2006/11/07 10:01:28

» 結核は王侯貴族の病だった。 トラックバック arara blog
結核ははじめ王侯貴族の病だった。 なるほど、なるほど。 オペラで学ぶ歴史。 ベルばらKidsぷらざ: ナポレオンも苦言――ロマンティックな結核   1848年 続きを読む

受信: 2006/11/11 1:34:31