2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「悪女が見せた人間味」 | トップページ | マリー・アントワネット最後の日々~コンシェルジュリ »

2006年11月19日 (日)

宝塚ばらの伝説

「観客を信じて」麻実れいさんインタビュー後編

Sasami8285  「ベルばらKidsぷらす」の宝塚ベルばら特集「ベルばらレジェンド」は麻実れいさんインタビューの後編をお届けします。
 後半は、ワルで大物だった?音楽学校生徒から新人時代。退団後のお話など。ベルばらインタビュー時の動画に加え、紫綬褒章受賞合同会見の動画もご覧いただけます。

(インタビューより)麻実さんは宝塚に入ったのはどういうきっかけから?

……姉たちが好きだったんです。それで私に薦めてくれて。私は勉強が好きではなかったので、ここならいいのではないかしらと(笑)。
 だから音楽学校時代は、これ以上遊べないというくらい遊びました。学校でも寮でも、呼び出されてつねに怒られていましたから。あなたがいるから、他の人もサボるんだって。

周りも巻き込んでですか?

……そうです。ワルだったの(笑)。でも本当にその頃遊んでおいてよかったんです。役がつきはじめたら、遊びたくても遊べないですから。上級生についていくだけで必死ですからね。劇団に入ってから更生させていただきました(笑)。

-----------------

インタビューで、宝塚の舞台に、そして観客・ファンに育てられた、と話す麻実さん。新人の頃から退団してもずっと自分を観に来てくれるファンの方への厚い信頼が印象的でした。

今回は通常のインタビュー動画に加え、紫綬褒章受賞にあたり行われた記者会見の様子もご覧いただけます。「黒蜥蜴」の緑川夫人を、麻実さんは“特異な人物”ではなく、自然に演じたいと語っています。詳しくはベルばらKidsぷらすでご覧下さい。

《関連記事》
「アンドレで色が変わった」麻実れいさんインタビュー前編
麻実れいさん紫綬褒章受賞
「黒蜥蜴」公演情報

----------------------------------------------------
☆麻実れいさんの舞台情報☆

「黒蜥蜴―江戸川乱歩原作による―」
期間・場所:11月24日(金)~12月20日(水)、東京・ベニサン・ピット
出演:麻実れい、千葉哲也、宮光真理子、山崎雄介、浅利香津代、清水綋治 ほか 
演出:デイヴィッド・ルヴォー/門井均
脚本:三島由紀夫
※公演の詳しい情報は⇒宝塚プレシャスの公演情報へ

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2006/11/19 10:00:00 宝塚ばらの伝説 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/12718682

この記事へのトラックバック一覧です: 「観客を信じて」麻実れいさんインタビュー後編: