2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「楽聖がうまれた日」 | トップページ | 死へ直結した不倫--デンマーク宮廷スキャンダル 1772年 »

2006年12月18日 (月)

ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内

ナポレオンの墓所―アンヴァリッド

Icon1_4ナポレオンのお墓があるのよね、ここって。彼、「ベルばら」でもほんの少し登場してたっけ。


アンヴァリッド外観
アンヴァリッド外観

Icon2_4国民議会が発足したとき、オスカルとすれ違いざまに少し言葉を交わしていたようだったけど、まさかオスカルに手を出したのでは・・・ゆ、許さん!


Icon1_4そんなわけないじゃないのよー、落ち着きなさいったら(笑)

 

Icon2_4また取り乱してしまって申し訳ない(笑)。
えーと、アンヴァリッドは「廃兵院」とも言って、ルイ14世時代に傷病兵のための施設として造られたんだ。
今はナポレオンの墓と、軍事博物館として見学することもできる・・・っと。

 

Icon1_4「ベルばら」つながりで言うと、バスティーユ牢獄を襲撃する前、民衆はここに立ち寄って武器を奪ったんだったわね。
それにしても、こんな大きなお墓を造っちゃうなんて、ゼイタクだわね~。

 

Icon2_4セーヌ河畔に眠るというのがナポレオンの遺言でもあったからね。
それに彼一人ではなくて、兄弟や息子、近代に活躍した軍人らも葬られているんだよ。


Icon1_4あらそうだったの!
パリのど真ん中にあるんだから、一人で使うにはもったいないし、なんだかホッっとしたわ(笑)

Icon2_4まあ、ナポレオンの棺は特別扱いでドームの真下に安置されてるけどね。


ナポレオンの棺
ナポレオンの棺

 

Icon1_4なんだか大きいような小さいような棺だわね。

 

Icon2_4あの中に、フランス史上一、二を争うような有名人がいるなんて実感がわかないなあ・・・


Icon1_4お約束だから聞いてあげるんだけど、ところでその一、二を争う相手って誰よ?

 

Icon2_4当然オスカルでしょ!


Icon1_4・・・それはある世代以降の日本人女子にとってはそうでしょうねぇ(笑)

 

軍事博物館外観
軍事博物館外観


Icon2_4こっちの軍事博物館は、フランスだけでなく日本の武具なんかも展示されていて、広いったらないね!
これもベルばらの時代あたりの展示を重点的に見ておくのがいいかもな。


Icon1_4あー、ブイエ将軍の勲章なんかもあるわよ。「ベルばら」ではオスカルおねえちゃまに辛くあたったりしていたので、あんまりいいイメージないけど・・・。

 

Icon2_4フランス国歌の5番では名指しされているので、罰としては十分かも・・・。



【周辺地図】

Vol10_map

【最寄り駅】
メトロ8号線「Latour Maubourg」駅または「Invalides」駅、メトロ13号線「Invalides」または「Varrenne」駅下車

【住所】
Esplanade des Invalides , 75007

【開館日時】
4/1~9/30:10:00~18:00
10/1~3/31:10:00~17:00

【休館日時】

毎月第一月曜日、1/1、5/1、11/1、12/25

 

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 えりりん 2006/12/18 10:00:00 ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内 | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/13075675

この記事へのトラックバック一覧です: ナポレオンの墓所―アンヴァリッド:

» もしジョゼフィーヌに子供が生まれていたら トラックバック Marieの子育てコラム&エッセー日記
パリにあるロダン美術館の庭から、『考える人』の肩越しに、アンヴァリッドの壮麗なドームを、ほんの少しだが眺めることができる。 続きを読む

受信: 2006/12/22 7:55:18