2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ベルばらKidsのマグカップができました | トップページ | モンタージュ »

2006年12月12日 (火)

世界史レッスン

キャプテン・クックと鞭打ちの関係 1779年

  ~アントワネット24歳~

 マリー・アントワネットがコンシェルジュリの孤独な監獄で、クックの航海記を読みふけった話は以前書いたが、このキャプテン・クックことジェームス・クックは彼女と同時代人である。

※     ※     ※     

 このコラムは、アサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「世界史レッスン」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2006/12/12 9:01:57 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/13039179

この記事へのトラックバック一覧です: キャプテン・クックと鞭打ちの関係 1779年:

» クックと森鴎外と拒食症(世界史レッスン第41回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第41回目の今日は、「キャプテン・クックと鞭打ちの関係」⇒http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2006/12/post_54a4.html#more クックは最後の航海でハワイに立ち寄ったとき、島民たちから最初は神と崇められたのに、やがて憎まれ、惨殺される。  断頭台にあがる少し前、マリー・アントワネットが監獄で読みふけったのはクッ�... 続きを読む

受信: 2006/12/12 9:34:57