2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「画家の恋の行方は」 | トップページ | どんどん良くなるプロイセン3代目 1740年 »

2007年1月15日 (月)

ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内

マリー・アントワネットの仮の墓所-贖罪礼拝堂

Icon2_5きょうの見学先は贖罪礼拝堂だよ。場所が場所だけにあんまり小うるさくしないように!


Icon1_6 なによー、いきなり失礼なこと言ってくれるじゃないの。



贖罪礼拝堂外観
贖罪礼拝堂外観


Icon1_6 あら、パリの中心部からそう遠くもないのに、なんだか落ち着く広場ね。
ルイ16世広場っていうのね。



Icon2_5ここはフランス革命当時はマドレーヌ墓地と呼ばれていて、革命で処刑された人や暴動で命を落とした人々がここに埋葬された共同墓地だったんだ。


Icon1_6 うっ・・・。なんだか首筋がひんやりしてきたような、してこないような・・・。



Icon2_5最初は墓らしい墓もなかったんだけど、1802年にある王党派がこの広場のあたりを購入して、保護していたんだよ。



Icon1_6 忠誠心の篤い人だったのね。



Icon2_5そして革命、ナポレオンの時代を経た1815年に、アングレーム公爵夫人(マリー・テレーズ内親王)の意を受けて、サン・ドニにある大聖堂に正式に再埋葬されたんだ。その跡地にこの礼拝堂が建ったというわけ。



贖罪礼拝堂内部
贖罪礼拝堂内部


Icon1_6 じゃあ、おふたりは22年間、ここに眠っていたのね・・・。
これはぜひともお参りしなくてはね。


マリー・アントワネット像
マリー・アントワネット像


ルイ16世像
ルイ16世像


Icon2_5サン・ドニまで行く時間がない人も、ここでお参りしておけばいいかもね。
開いている時間が短いのが残念だけど。



Icon1_6 内部もなんだかひんやりしていて、ほかのお客さんもあまり見当たらないし・・・なにか出るような、出ないような。


Icon2_5う、うわっ!
音もなく後ろに立つな、ル・ルー!あー、
びっくりした・・・。


Icon1_6 ・・・やっぱり一番小うるさいのはアンドレだったわね。




【周辺地図】

周辺地図

【最寄り駅】
メトロ9号線「St.Augustin」駅下車

【住所】
Square Louis XVI 29, rue Pasquier, 75008

【開館日時】
火・金・土:13:00-17:00

【休館日時】

1/1、5/1、11/1、12/25

 



お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 えりりん 2007/01/15 5:30:00 ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/13442326

この記事へのトラックバック一覧です: マリー・アントワネットの仮の墓所-贖罪礼拝堂: