2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« マリー・アントワネットの仮の墓所-贖罪礼拝堂 | トップページ | アントワネット »

2007年1月16日 (火)

世界史レッスン

どんどん良くなるプロイセン3代目 1740年

  ~アントワネット生誕15年前~

 「売り家と唐様(からよう)で書く3代目」という川柳がある。

※     ※     ※     

 このコラムは、アサヒ・コム プレミアム「ベーシックパック」の「世界史レッスン」でご覧いただけます。⇒インタビュー全文を読むにはアサヒ・コム プレミアムのID登録とベーシックパックのご購読が必要です。登録はこちらから

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2007/01/16 9:01:11 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/13513452

この記事へのトラックバック一覧です: どんどん良くなるプロイセン3代目 1740年:

» 底なしのグルメ(世界史レッスン第46回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第46回目の今日は、「だんだん良くなる3代目」⇒http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2007/01/post_63a2.html#more プロイセン王3代が、あとになるにつれて出来がよくなり、小国の立場から列強と肩を並べるまでに至る過程について書きました。  2代目フリードリヒ・ヴィルヘルム1世には、こんなエピソードも−−  牡蠣を100�... 続きを読む

受信: 2007/01/16 10:25:15