2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ルイ16世が一番♪おたより | トップページ | 今週のベルばらKidsは「影の男」 »

2007年2月23日 (金)

神々のプロフィール―ばらに宿った神話―

無意識なファム・ファタル アタランテとオスカル

 “ファム・ファタル”。フランス語で、我を忘れさせるほど男性を魅了し、時には破滅に導くこともある女性を表す言葉だ。というとカルメンとかサロメといった肉感的な悪女が思い浮かぶが、実は一番怖ろしいのは、自分自身の魔性を全く分かっていない、無意識なファム・ファタルである。

 古代ギリシャの時代、カリュドンの国土は、かつてない危機に直面していた。土地を荒らし、家畜を襲うだけではなく、屈強な狩人たちまで血祭りにあげる、凶暴な猪に国土を侵されていたのだ。狩りの女神アルテミスへの生け贄を怠ったために、女神の逆鱗に触れたからだった。
カリュドンの王はギリシャ全土から救援を募り、腕に覚えのある狩人たちが集まった。その中にアタランテがいた。

 彼女は豊かな髪をうしろに結び、象牙の矢筒を左肩にかけ、右手には弓をもっていた。少年にしては娘らしく、娘にしてはあまりにも少年のようなアタランテ。しなやかなその姿は、かの女神アルテミスを思い出させた。

 「女なんかと一緒に狩りなどできない」
 男たちは口々にいったが、アタランテの魅力のとりこになった王子メレアグロスが、彼女をかばい立て、仲間から外すことを許さなかった。

 これだけの勇者が集まりながら、猪狩りは困難を極め、たける獣の餌食となって命を落とす者もいた。そんな中、冷静さを失わかったアタランテの矢が最初に猛獣を射抜いた。その後、メレアグロスがとどめを刺し、カリュドンの災厄は去ったかにみえた。

 しかし、本当の災厄はここからだった。手柄を小娘のものとすることを、メレアグロスの叔父たちがよしとせず、その証として彼女に猪の毛皮を与えることを拒んだ。ところがメレアグロスはアタランテを深く愛していたため、彼女をないがしろにすることは許せなかった。激怒した王子は叔父たちを手にかけてしまった。
 
 母アルタイアは、息子に兄弟を殺されたこと知って怒りと悲しみに理性を奪われた。
 昔、メレアグロスが生まれたとき、運命の三女神モイライに「この子は、燃えている丸太が灰になるまでの命」と予言されたことがある。そのときアルタイアはとっさに丸太を炎から救い出した。そして丸太をたんすに大事にしまい、母は息子の命を永らえさせたのだった。

 しかし今のアルタイアは、自分の兄弟が殺されたことへの怒りでいっぱいだった。アルタイアは自らの手で兄弟の仇をとった。息子の命であるあの丸太を炎へ投げいれたのだ。メレアグロスは、急に身体を炎で焼かれるような激痛に襲われ、丸太が灰になると共に絶命した。平静を取り戻した母親は、息子を殺してしまった途方もない苦難に耐えられず、自ら命をたった。

 アタランテにしたら、ただその抜群の腕前を披露しただけのこと。全く他意はない。それなのに彼女の前には、あっという間に累々たる死体が横たわったのだ。
 この悲劇の顛末に、アタランテに似たかの女神は、冷たく微笑んでいたのだろうか。

 『ベルばら』のヒロイン、オスカルも無意識なファム・ファタルだ。オスカルの魅力にはまったものは、皆いきつくところまでいってしまう。アンドレは感動的なほどの根気で待ち続け、「女なんか、貴族なんか!」と突っぱねていたアランも従順になり、ジェローデルは彼女を殺すよりも謀反人の汚名を選び、幼い病床の王太子は死に際に愛らしい告白を捧げた。誰もが尋常ではない“はまり方”である。

 本人は全く自覚はないが、いつも男性たちの運命を握っている、恐るべきファム・ファタルである。(米倉敦子)

● 参考文献
・「ギリシア神話」偕成社 エディス・ハミルトン著 山室静 田代彩子共訳
初心者にも分かりやすく、内容も充実しています。英雄やトロイア戦争のエピソードも載っています。

・「ギリシアの神話 神々の時代」中公文庫 カール・ケレーニイ著 植田兼義訳
  神々のエピソード満載。彼らの誕生から、とんでもない冒険談まで。

・「変身物語」岩波文庫 オウィディウス著 中村善也訳

・「ギリシャ神話付北欧神話」社会思想社 山室静著

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/02/23 10:05:27 神々のプロフィール―ばらに宿った神話― | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/14017018

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識なファム・ファタル アタランテとオスカル: