2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 『ベルばら』の原点、ツヴァイクの「マリー・アントワネット」を読んでみた(後編) | トップページ | チャイコフスキーの身に起きたシンクロニシティ 1877年 »

2007年2月26日 (月)

お便り募集&紹介

私もなっとくいかない♪おたより

2月21日のナトミさんの「ベルばら絵日記」に感想をいただきました。

★アビさん

ナトミさま、フェルゼンの肖像画納得いきませんよねー。私は連載当時、高校の図書館で見つけて、ショックでした。今回、「マリー・アントワネット」を読みながら、高校時代のショックを思い出しました。やはりフェルゼンは美しくなくてはいけません。
アントワネットはかわいいですけど、他の登場人物はほとんどいるのに、オスカルとアンドレがいない。なぜ、なぜなの。悲しい。

---
フェルゼンの肖像画は担当もショックでした。
そして世界史を習ったときに、オスカルとアンドレがいないのも納得いきませんでした…。
池田先生のお力は本当にすごいですよね!

★kumakumaさん

ナトミさん同感です!
まだ、ツヴァイクの「マリーアントワネット」は読んでないのですが、数年前、久しぶりに「ベルばら」を読み返した後、ネットでフランス革命について検索しまくったことがありました。
そのときに見つけたフェルゼンの肖像。
み、見なきゃよかった。。。。
私たちには、池田センセイの描いたフェルゼン以外に有り得ませんよねー。

---
お便りありがとうございました。
担当もアントワネット一筋の、池田先生の描くフェルゼンが本物…と思いたかったです。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/02/26 18:54:30 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/14056293

この記事へのトラックバック一覧です: 私もなっとくいかない♪おたより: