2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「影の男」 | トップページ | 『ベルばら』の原点、ツヴァイクの「マリー・アントワネット」を読んでみた(後編) »

2007年2月25日 (日)

お便り募集&紹介

オスカル33歳に思う&アニばら♪おたより

2/10のベルばらKids「男らしさとは」、なとみさんの「オスカル33歳」と関連して
お便りをいただきました。

★nekunekuさん

皆様はどうでしょう?私は33歳で死ぬのだ!!と思っていました。
そう、オスカル様がお亡くなりになった年齢に殉じるのだ!!・・・・と・・・。
それが・・13年も多く生きております(T0T)
でも親子ほど違う若い方と語れる幸せを頂いているので・・・0(^0^)0

---
nekunekuさんからは「アニメ版ベルばら」についても一言いただきました。

★nekunekuさん

アニメの第一話のエピソードは良く描かれているなぁ・・・とは思いました・・・幼いながらも・・・
ただ、あまりにも「女、おんなと言いすぎじゃないか・・・」と思いましたね。

---
まさにオスカルが衛兵隊に異動したときの台詞のようですね。
2/16から始まった「アニばら解体新書」についても、感想をいただきました。

★taku-yukiさん

「アニばら解体新書(2/16)」の感想
原作が一番なのですが「アニばら」も大好きなので、このコラムが始まった事はとても嬉しく、期待しています。
改めて第1話を見ましたが、確かに殴り合いのシーンは衝撃的でした。いくら男として育てられた逞(たくま)しいオスカルだったとしても、14歳といえば体の男女差は大きいでしょうし、アンドレったら主人のオスカルをグーでなぐるなんて。せめて剣での勝負ならとも思ったのですが、それでは二人の心の関係が身分を越えて対等であるという事が描けなかったんですね。
ジェローデルとの勝負の場面も原作にはないですが、まっすぐなオスカルの性格をはっきりと示したようで好きです。
原作の始まりとは全く違った第1話は「原作とは一味違うベルばら」を作っていくんだという製作者側の意気込みが感じられるものだったと思います。
それにしても第1話から大人っぽいジェローデルですが、確かオスカルより年下でしたよね?

---

スタッフは昨年、「宝塚ベルばら」のさまざまなバージョン展開に驚いていましたが、「アニばら」の展開も非常にユニークで今後の連載が楽しみですね。ありがとうございました。

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/02/25 3:32:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/14019616

この記事へのトラックバック一覧です: オスカル33歳に思う&アニばら♪おたより: