2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 池田先生の偉業に敬服&作曲者は…♪おたより | トップページ | 「ベルばら」みたいなまつげになれる!?マスカラ »

2007年4月10日 (火)

世界史レッスン

ナポレオン「百日天下」に右往左往の彫刻家  1815年

  ~アントワネット死後22年~

 ナポレオンがエルバ島を脱出し、パリへ向かって進軍中との報は、全ヨーロッパを震撼(しんかん)させた。

 フランスの新聞はナポレオン北上につれて、態度を変えてゆく。「コルシカの怪物、カンヌに上陸」⇒「王位簒奪(さんだつ)者、グルノーブルに入る」⇒「ボナパルト、リヨンを占拠」⇒「ナポレオン、フォンテーヌブローへ接近」⇒「皇帝陛下、明日パリへご帰還」!笑ってしまうが、ほんとうの話である。

 1815年3月20日、13ヶ月ぶりにナポレオンがチュイルリー宮殿へ入ったとき、すでにルイ18世は慌てふためいて亡命(プロヴァンス伯だった時代と今回と、これで二度目だ)した後だった。

 さて、ジャン=ピエール・コルトーという新進気鋭の彫刻家がいた。まだ皇帝全盛時代、彼はローマのアカデミー・ド・フランスから、ナポレオン全身像の制作を依頼された。完成したら、この学校の大サロンに飾られる予定だった。

 ところが作っている最中、ナポレオンが失脚。校長は急遽(きゅうきょ)、ルイ18世像に変更を求めてきた。うへーと思ったに違いないけれど、気を取り直したコルトーは必死にルイ像に取り組んできた。

 そこへこの、降って湧いたような脱出騒ぎ。またもコルトーはナポレオン像の続きを命じられ、たまらんなあ、とぼやきつつ(?)、仕事に精出した。

 だというのにナポレオンの天下はたった百日限り。ワーテルローで大敗し、今度は「悪魔の島」セント・ヘレナでの厳重監視付き流刑だから、よもや復活はありえまい。というわけで、またまたルイ18世像に方向転換。

 さすがのコルトーも、いいかげんにしろよな、と怒って手を抜いたわけでもあるまいが、大サロンに設置されたルイ像の出来は、あまりよろしくないと言われている。

 ところでコルトーとナポレオンの縁は、ここで切れたわけではなかった。パリのエトワール凱旋門(1836年完成)の左柱を飾る彫刻「勝利」を手がけることになったのだ。コルトーは、勝利の女神から月桂冠を受けるナポレオンの姿を浮き彫りにした。ようやくこれで一段落。(中野京子)

☆my blogの関連記事「ナポレオンと凱旋門」(「花つむひとの部屋」)はこちら⇒ http://blog.goo.ne.jp/hanatumi2006/

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2007/04/10 8:49:00 世界史レッスン | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/14629470

この記事へのトラックバック一覧です: ナポレオン「百日天下」に右往左往の彫刻家  1815年: