2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 猫に優しいジェローデル&質素?なプチ・トリアノン♪おたより | トップページ | フェルゼンが撃ち抜いたリンゴ »

2007年4月19日 (木)

交換日記

私のアニばら印象は、レモン・ホタル・トウモロコシ(優月まり⇒池田智恵さんへ)

「アニばら解体新書」の池田智恵さんへ。

優月まりです「天の涯から」への感想をどうもありがとうございました。
私もマリー・アントワネットのことは、長い間、「派手好きなお姫様」ぐらいにしか思っていなかったのですが、彼女もまた『異国の女』だったことに気付いた時、見方が変わったような気がします。
私も連載を通して、マリーの強さや気高さが感じられるように書いていきたいと思います。

アニばらは、初めて見た時、エンディングの志垣太郎さんの叫びがショックで、それからしばらく見ることができませんでした。
再びチャンネルを合わせたのは「レモン」「ホタル」の頃でしたか。最後は「トウモロコシ」で終わって、
『出崎監督、あんまりじゃないか……』と心の中で拳を握りしめた経験があります。
でも、「解体新書」を読んでいると、目玉が飛び出るような話のオンパレードで、最初からしっかり見ておけばよかったと悔やまれます。
私も連載を楽しみにしています♪(優月まり)

P.S
アニばらの「レモン」「ホタル」「トウモロコシ」はある場面の代名詞(?)になっている、非常に重要なキーワードです。これについては、池田さんが熱を入れて解説して下さると勝手に期待しております!

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/04/19 23:55:00 交換日記 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/14772084

この記事へのトラックバック一覧です: 私のアニばら印象は、レモン・ホタル・トウモロコシ(優月まり⇒池田智恵さんへ):