2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 山内一豊の妻――西洋男性版 1736年 | トップページ | ベルばらマスカラ!(米倉敦子⇒なとみさん) »

2007年5月23日 (水)

お便り募集&紹介

宝塚版「ベルばら」との出会い♪お便り

宝塚「ベルばら」との出あいについてお便りをいただきました。

★みやこさん

「ベルばら」との出あい

わたしは中学生の頃、宝塚雪組の「ベルばら・アンドレとオスカル」(75~76年)を観て、汀夏子さんのりりしいけれどかわいさがのぞくオスカルと、一歩下がってオスカルを大きく包んでいるアンドレの麻実さん大大大ファンになりました。

---
お便りありがとうございました。
汀さんの「オスカル」、麻美さんの「アンドレ」をご覧になられたとこのこと、羨ましいです!
素敵な舞台だったんでしょうね☆

続いて5月19日の「ベルばらKids」へお便りをいただきました。

★アビさん

私がはじめて宝塚歌劇を観たのは、花組の「ベルサイユのばら」東京公演(75年)です。
月組の初演(74年)は、暮れの大掃除をしながら妹とテレビの前に正座をして見ました。次は絶対本物を観ようと思い、郵便局でバイトをしました。
花組から最後の月組まで、丁度学生だったので、バイト代と、お年玉を全部宝塚に使いました。
もう32年も経ちますが、いつまでもオスカルさまは、素敵です。オスカルさまが宝塚に入学したら、まぶしすぎて、観られません。ル・ルーちゃんは観てみたいです。

---
お便りありがとうございました。
アビさんの初宝塚観劇は「ベルばら」だったんですね!!
バイト代とお年玉をすべて使って…大変だったと思いますが、花組から月組まで観劇されたというのは貴重な思い出ですよね。
ル・ルーちゃんはどんな役をやるのでしょうね!

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/05/23 2:00:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/15162638

この記事へのトラックバック一覧です: 宝塚版「ベルばら」との出会い♪お便り: