2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「はじめての宝塚」 | トップページ | 山内一豊の妻――西洋男性版 1736年 »

2007年5月21日 (月)

ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内

ベルばら・コードを求めて

Icon2_10ベルばら・コード」かぁ・・・思わずコミックスをひもといて探してしまったよ。
あー、あったあった、サクレクール寺院!
おれ、言われるまで気が付かなかったなあ。


Icon1_11
サクレクール寺院(※1)って、アニばらにも描かれてたわよ。
登場してるあんたがわからないってどうなの・・・


Icon2_10そ、そうだったのか!
うわー、そっちにもまったく気づかなかった。不覚!


Icon1_11 オスカルおねえちゃまとあなたがアラスからパリに帰ってくるシーンに映ってたわよ。
詳しくはアニばら第14話「天使の秘密」をご覧あれ!


Icon2_10・・・そういえば、パリの全景が見えたときに、遠くの丘にそれっぽい寺院があったような。
あれ、パンテオン(※2)じゃないのか?



Icon1_11 えー、でも丘の上だったわよ?
あれはどう見てもサクレクール・・・。



Icon2_10細かいところに言及するなよ。
うーん・・・サクレクールの意味は「聖なる心」、つまり清いハートだ。
18世紀のサクレクールはつまり心のきれいな人にしか見えない寺院だったのさ。


Icon1_11 さらにいうなら、アラスはパリの北東にあるのに、パリに帰ってきたときの景色はから見た感じだった・・・。



Icon2_10えーとそれは~、ジェルジェ家の領地はアラスだけじゃなくて他にも色々あるから、他の領地を視察して帰ったんだよ!
・・・ぜいぜい。フォローはこんなものでいいかな。


Icon1_11 あはははは、アンドレの訳わからないフォロー、おっかしー!
からかい甲斐がありすぎて飽きないわ。



Icon2_10うっ・・・遊ばれてたのか俺。



Icon1_11 そこ、気づくの遅すぎ(笑)
じゃあもうひとつ疑問ね。原作で、ジャルジェ家からベルサイユ宮殿を一望しているページがあったわよね。ベルサイユの街に、宮殿を一望できるような建物がないんだけど、あれって・・・。


Icon2_10それなら簡単!
ジャルジェ家は実は超高層建築だったのさ。

 

Icon1_11 つまらなすぎるから却下!



Icon2_10・・・あ、そうだ、「だまし絵」だ!
ベルサイユ宮殿でもよく使われているんだよね。
天井のほうの装飾とか
だからきっとあれも・・・。



Icon1_11 オスカルおねえちゃまが「さあ!ごらん」って見せていたのは、本物のベルサイユ宮殿じゃなくてベルサイユの風景が描かれただまし絵の部屋だったってわけ?
ロザリーおねえちゃまもそんなのにだまされちゃ、ダメよねえ(笑)


Icon2_10ベルサイユのことを何も知らないロザリーだから、だまされてもおかしくないよ
ジャルジェ家をベルサイユ宮殿と間違えてるくらいだし。



Icon1_11 でもそれって日本の銭湯みたい。
ジャルジェ家の大浴場って、想像つかないわ。


Icon2_10ベルサイ「湯」ってことで・・・



Icon1_11 一瞬「だまし絵」説に納得しかけたけど、あんたのおやじギャグが今すべてを台無しにしたわね・・・!


Icon2_10うわーん、ごめんなさーい! 





Icon1_11 まったく・・・。
問題のシーンの「ベルばらコード」(暗号)は、「青いダマスク織りのドレス」「ブロンドの巻き毛」「手鏡」というところかしら。そのあたりのページを読んでいれば登場するはず!皆様もぜひお探しになってみてくださいね。




Icon2_10あ・・・旅行案内は? 





Icon1_11 !!
わたしとしたことが、アンドレのペースに乗せられて、すっかり・・・。






※1)・・・サクレ・クール寺院については優月まりさんの「ベルばら・コード~サクレクール寺院を探せ~」をご参照ください。

※2)・・・フランス史上に名を残した偉人たちが眠る霊廟。ルソー、ヴォルテールなど。ちなみにミラボーも死後パンテオン入りしたが、王家と内通していたことが判明しパンテオンから出されてしまった。

 

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 えりりん 2007/05/21 6:12:05 ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/15113925

この記事へのトラックバック一覧です: ベルばら・コードを求めて: