2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 王家の受難をしのぶ―タンプル塔跡 | トップページ | ベルばらモード全開!! »

2007年6月19日 (火)

世界史レッスン

ルートヴィヒ2世、晩餐にアントワネットを招待 1864年

  ~アントワネット没後71年~

 名門バイエルン王国で1864年、18歳のルートヴィヒ2世が即位した。まるで絵から抜け出たような美貌・長身の新王に国民は熱狂、大きな期待を寄せる。ルートヴィヒの方も、最初は政務に意欲を見せた。

 だがドイツ国家統一という時代の嵐の中で、バイエルンはプロイセンに押しまくられ、若い王は次第にやる気をなくしてゆく。個人的な悩みもあった。異性を愛せないため、世継ぎを作ることができなかったのだ。

 こうして彼は宮廷を放り投げ、人嫌いになり、現実から離れて遠い過去の世界へどんどんはまり込む。ドイツ中世やフランス絶対王政を今に蘇(よみが)えらせようと、莫大(ばくだい)な国費と長い年月をかけ、キッチュとしか言いようのない3つの擬古城の建設を命じる。

 異様なまでに絢爛(けんらん)豪華なノイシュヴァンシュタイン城(「ドイツのディズニーランド」と悪口を言われつつ、現代では人気ナンバーワンの観光スポットになっている)、ヴェルサイユ宮殿を模したヘレンキームゼー城、そして王が生きている間に唯一完成したリンダーホーフ城がそれだ。

 これらの城内には、白鳥の騎士ローエングリンなど中世伝説をもとにした壁画の数々やルイ14世の全身像、本家より長い鏡の間や、イタリアの青の洞門に似せた洞窟までが取りそろえられている。

 王の奇行について、噂が広がりはじめる。曰く、ルイ14世と同じ衣装、同じ王冠を身につけ、すっかり太陽王になりきっていた、曰く、マリー・アントワネットの胸像の前で帽子を脱いで深々と挨拶した、果ては、晩餐(ばんさん)に今は亡き王族たち――ルイ14世や15世、またはアントワネット――を招待し、向かい合ったテーブル席に毎回ちゃんと来客用の食器を用意させた・・・

 そのころのルートヴィヒはもはや身を律することも忘れ、どこを捜しても若き日の面影はなかった。歯はぼろぼろに腐り放題、体重120キロの巨大な崩れかけた肉塊にすぎない彼が、幻のアントワネットと乾杯している図は、なんとも鬼気迫るものであったろう。

 精神病とされ幽閉された翌日、湖畔で謎の死を遂げたのは40歳のときだった。(中野京子)

《世界史レッスン関連コラム》
そびえる太陽王(ルイ14世)

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2007/06/19 8:44:28 世界史レッスン | | トラックバック (2)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/15486856

この記事へのトラックバック一覧です: ルートヴィヒ2世、晩餐にアントワネットを招待 1864年:

» ルートヴィヒ2世の謎の死(世界史レッスン第68回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第68回目の今日は「ルートヴィヒ2世、晩餐にアントワネットを招待」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2007/06/post_fa98.html#more  70年も前に死んだアントワネットを招待するのは不可能?いえ、そうでもないところがこのバイエルン国王の凄いところなのです。  ルートヴィヒ2世の名前は日本でもよく知られている。ディズニーランドに建つシンデレラ城、そのモデルとなっ... 続きを読む

受信: 2007/06/19 9:31:08

» ルートヴィヒ2世の謎の死(世界史レッスン第68回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第68回目の今日は「ルートヴィヒ2世、晩餐にアントワネットを招待」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2007/06/post_fa98.html#more  70年も前に死んだアントワネットを招待するのは不可能?いえ、そうでもないところがこのバイエルン国王の凄いところなのです。  ルートヴィヒ2世の名前は日本でもよく知られている。ディズニーランドに建つシンデレラ城、そのモデルとなっ... 続きを読む

受信: 2007/06/19 9:34:05