2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 赤い軍服に剣を持って!!♪おたより | トップページ | アンドレを食べる?♪おたより »

2007年8月10日 (金)

神々のプロフィール―ばらに宿った神話―

運命の絆 カストルとポルックス

 あなたの乗る船が激しい嵐に弄(もてあそ)ばれ、今にも海の藻屑(もくず)になろうした時、「もうだめだ!」と絶望してただ涙するだけならば、一度だけでもこの神に祈ってみるべきだろう。船乗りたちの優しき守り手、ふたご座の「カストルとポルックス」に。

 カストルとポルックスの母親は、スパルタ王デュンダレオスの王妃レダである。ある日、ラコニアのタユゲトス山頂にいたレダを見て、遥かオリュンポスにいる神の王ゼウスが恋をした。ゼウスはまばゆいほどの純白の翼を広げた白鳥となって、王妃の元に舞い降りた。レダはあまりに美しいその白鳥に目を奪われ、思わずたおやかな腕に彼を抱いた。
 彼女はこの“不義密通”により身ごもってしまった。しかし、おそらく夫が内心どう思おうとも、この不義について妻を責め立てることはできなかっただろう。何故ならレダが月満ちて産み落としたのは、“卵”だったからだ。

 この妊娠には神意が働いている。誰もがそう思ったことだろう。レダの産んだひとつの卵から孵(かえ)ったのは、ふたりの男の赤ちゃんで、兄はカストル、弟はポルックスと名づけられた。男の子が小さい時にぴったりと離れないでふたりで遊ぶのは分かる気がするが、やがて成長してもふたりでいることは変わらなかった。

 スパルタの王子らしくカストルは馬術が巧みであり、ポルックスは拳闘の名手であったから、妹のヘレナを略奪者から救い出したり、アルゴー船の遠征に参加したりとふたり一組で活躍した。双子座のイメージはかわいい少年たちだが、実際はかなりたくましい青年たちだっただろう。

 また、彼らはふたり一組でやはり双子の乙女を略奪し、それぞれ妻にする。しかし、このことが命取りになった。
 その乙女たちには元々婚約者がいた。海神ポセイドンの子で、これまた双子のイダスとリュンケウスだ。当然恨みを抱いたイダスたちは、ついに隙をついてカストルに致命傷を負わせた。運命なのか、因果なのか、母親が双子を身ごもったあのタユゲトス山でのことだった。

 今や虫の息で、冥界に去ろうとしているカストルを抱いてポルックスは父なるゼウスに嘆願した。
 「カストルが死ぬならば、私にも死を!」
 息子にゼウスは困惑しながら答えた。
 「ポルックスよ。確かにお前はわしの子だが、カストルはスパルタ王の子で人にすぎぬ。初めから死すべき運命だったのだ。だが、お前は不死。お前たちはいつかは離れ離れになるほかなかったのだ」

 しかし、いまさらカストルと離れられようか。たとえ死す運命を半分引き受けてでも共にありたい。神であることよりも兄と共にありたいという息子に驚きながらも、神の王ゼウスはついにはこの意思に負けた。カストルとポルックスはその生と死を、光と闇を永遠に分かち合い、一日毎に冥府とオリュンポスを行き来きすることになった。ゼウスはふたりを航海の守護神とし、夜空に上げてその類まれなる絆をことほいだ。

 彼らは窮地に立つ船乗りの祈りを聞くと、いつかの父のように翼を広げてやってくる。海を穏やかに沈め、救われた船乗りたちを眺めては、そっくりな顔を見合わせて喜ぶのだろう。

 オスカルとアンドレが結ばれたあの夜。「さながらカストルとポルックスのよう」と自分たちを例えたのは、オスカルだったのだろうか、またはアンドレだったのだろうか。たぶん、ふたりともに、きっとそうだと思ったのではないだろうか。

 ふたりは、神話と同じように死と生を分かち合った。アンドレはオスカルをかばって銃弾に倒れ死んだ時、オスカルも自分の死を感じた。それでいて、バスティーユで最後の力をふりしぼって戦うオスカルと共に、彼女が生きているかぎりはアンドレも生きたのではないだろうか。
それは神の意思すら越えて、今も永遠に互いを求めているのだろうか。(米倉敦子

《参考文献》
「ギリシアの神話 英雄の時代」カール・ケレーニイ著 植田兼義訳 中公文庫 
「ギリシャ神話付北欧神話」教養文庫 山室静著

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/08/10 10:00:00 神々のプロフィール―ばらに宿った神話― | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16046317

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の絆 カストルとポルックス: