2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 《プレゼント》アントワネットの絵の「怖さ」とは?「世界史レッスン」の中野京子さん新刊『怖い絵』 | トップページ | やってやり過ぎることなし-オスカルなりきり体験!撮影編 »

2007年8月 7日 (火)

世界史レッスン

秀吉の誓詞もカール6世の詔書も、ただの紙切れ 1740年

  ~アントワネット生誕15年前~

 豊臣秀吉は57歳になってからようやくさずかった息子、秀頼が可愛くてならず、何としても天下を継がせたいと願った。そこで徳川家康をはじめとする五大老五奉行にくりかえし誓詞(せいし)を書かせ、自分の死後も秀頼に忠義を尽くすと誓わせた。死の床では家康の手をにぎり、涙を流して頼みもした。

 誰も知るとおり、そんな約束などないも同然、誓詞も紙切れ同然で、豊臣家は家康によって完膚(かんぷ)なきまでに叩き潰(つぶ)されてしまう。

 ハプスブルク家も、危うくそうなりかけたことがあった。カール6世の息子が早世したときだ。皇帝は万が一を考え、長女のマリア・テレジアの相続権を守るため、国事詔書(しょうしょ)を制定した。

 これは領土不可分と長子相続(つまり女系継承を認めたもの)を前提としており、彼はこの詔書を多大な犠牲をはらってフランス、イギリス、プロイセン、スペインなど各国に承認させた。

 ところが1740年、カール6世は病死、23歳の若いテレジアがあとを継ぐや、たちまち周りに不穏な動きがあらわれる。詔書など何の役にもたたなかったのだ。

 中でもひどいのは、プロイセンのフリードリヒ大王(このときはまだ即位したばかり)。宣戦布告もなく、いきなり3万の兵士をオーストリア領シュレージエンに動員してきた。「近世におけるもっともセンセーショナルな犯罪」と、後の歴史家が名づけたゆえんである。

 こうしてオーストリア継承戦争は8年にもわたって続き、乳飲み子をかかえたテレジアは奮戦したものの、ついにシュレージエンはプロイセンの手に落ちる。幸い彼女に抜群の政治センスがあったおかげで、豊臣家と違い、ハプスブルク家はこれ以上の損害をこうむらずにすんだ。

 マリア・テレジアは生涯フリードリヒ大王を蛇蝎(だかつ)のごとく嫌い、憎んだが、まあ、当然ではないでしょうか。(中野京子)

   *秀吉にはこれ以前にふたりの子がいた(秀勝(石松丸)、鶴松)との説があるが、前者はその存在すら疑問視されており、後者も秀吉の子ではないとの説が強いため、筆者は子どもひとり説を取りました(実は秀頼自体、別人の子説があるほどで、それについては「中野京子の花つむひとの部屋」⇒ http://blog.goo.ne.jp/hanatumi2006 をお読みください。

★「世界史レッスン」に登場した宿敵フリードリヒ大王とマリア・テレジアのエピソード
父王に殺されかけた軟弱息子…大王の意外な若い頃
18世紀ヨーロッパを席巻したフランス語…フランスかぶれの大王
マリア・テレジアの16人の子どもたち…二人は政略結婚させられそうになったことがある!?
マリー・アントワネットの愛読書…大王の愛読書は?
フリードリヒ大王にあこがれた小物…当時の王侯たちに人気だった大王
ヨーゼフ2世、水戸黄門になる…大王に「急進的」と評されたテレジアの息子
山内一豊の妻-西洋男性版…マリア・テレジアの目立たない夫

★中野京子さんの新刊情報★
本が出ました!
「怖い絵」(朝日出版社/価格1,890円)
 ゴヤ『我が子を喰らうサトゥルヌス』のような見るだけでも怖い絵から、ドガの踊り子など、一見しただけではどうして?と思うような絵まで、20の作品に潜む怖さを紹介する、この夏ドキドキの名画ガイドブックです。

book.asahi.com で詳細を見る
5名さまにプレゼント!(8/19まで)

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2007/08/07 9:32:01 世界史レッスン | | トラックバック (2)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16034071

この記事へのトラックバック一覧です: 秀吉の誓詞もカール6世の詔書も、ただの紙切れ 1740年:

» 秀吉&スペイン至上最悪の王妃&「ベルばらkids」読者プレゼント(世界史レッスン第75回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第75回目の今日は、「秀吉の誓詞もカール6世の詔書も、ただの紙切れ」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2007/08/post_a0e2.html#more  絶対君主の死後、王家の血の継続は常に脅かされるもの。断絶の憂き目にあった日本での例、なんとか踏みとどまったオーストリアの例について書きました。  それはそうと前からひどく気になっていたのだが、淀君の産んだ秀頼はほんとうに秀吉... 続きを読む

受信: 2007/08/07 10:11:03

» 秀吉&スペイン至上最悪の王妃&「ベルばらkids」読者プレゼント(世界史レッスン第75回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第75回目の今日は、「秀吉の誓詞もカール6世の詔書も、ただの紙切れ」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2007/08/post_a0e2.html#more  絶対君主の死後、王家の血の継続は常に脅かされるもの。断絶の憂き目にあった日本での例、なんとか踏みとどまったオーストリアの例について書きました。  それはそうと前からひどく気になっていたのだが、淀君の産んだ秀頼はほんとうに秀吉... 続きを読む

受信: 2007/08/07 10:12:06