2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« フランスの偉人の墓所―パンテオン | トップページ | 夫婦喧嘩の後の心を癒すのは~ベルばら入浴剤アンドレ編 »

2007年10月16日 (火)

世界史レッスン

パイレーツ・オブ・カリビアン―女性版 1720年

   ~アントワネット生誕35年前~

 カリブの海賊は男ばかりとは限らない。驚くことに、オスカルのような、戦う男装の麗人も実在した!

 1720年、ジャマイカ沿岸に停泊していた海賊船を、イギリス国王の命を受けた武装船が急襲する。酒盛り中だった海賊たちはふいを突かれ、多くは逃げまどったが、ふたりの海賊だけは銃や剣を手に最後の最後まで抵抗を続けた。

 しかし多勢に無勢、激しい戦闘の末、ついにふたりとも逮捕されてしまう。裁判にかけられ、他の仲間と同じく縛り首になるものと思われたが、意外な事実が判明。このふたり、男ではなく女で、その上どちらも妊娠中だったのだ!

 海賊といえば荒くれ男の代名詞みたいなものなのに、いったい彼女たちはどんな経緯で髑髏(どくろ)船などに乗り込んだのか。

 アン・ボニーは裕福な弁護士と召使との間に生まれた。若くして海賊と駆け落ちし、やがて自らもその道へ入ったといわれる。逮捕時は船長の愛人で、男装はしていても女だということはみんな承知していた。

 一方メアリ・リードは、小さなころから男として育てられ、陸軍の騎兵隊へ入った。大柄だったせいか、誰からも女とは見破られなかった。決闘沙汰で人を殺したこともある。

 そのくせどういうわけか、軍隊の同僚とちゃっかり結婚もしているのだから、並みの女性とはやることが違う。ただし夫が早くに亡くなってしまったのが運命の分かれ道で、彼女は再び男装し、今度はアンのいる海賊船の乗組員となった。

 事実かどうか定かでないが、アンは新参のこのハンサムな若者(?)メアリに熱を上げ、船長は嫉妬したという。もちろん途中からメアリは素性を明らかにし、3人だけは秘密を共有した。だが他の海賊たちは、裁判で初めてメアリが女と知り、仰天したらしい。

 それにしても、ではメアリのおなかの子はいったい誰の子なのだろう?3人だけの秘密といいながら、海賊のうちの誰かとこっそり恋人関係にあったのか、船長の子なのか、それとも妊婦は処刑されないと知って、裁判中に牢番でも誘惑したのか?

 彼女たちのその後だが、アンは脱獄してイギリスへ逃げたといわれる。メアリの方は残念ながら翌年、獄中で熱病にかかって死んでしまった。(中野京子)

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2007/10/16 8:29:55 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16775116

この記事へのトラックバック一覧です: パイレーツ・オブ・カリビアン―女性版 1720年:

» カリブの海賊と女ガンマン(世界史レッスン第84回) トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第84回目の今日は、「パイレーツ・オブ・カリビアンーー女性版」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2007/10/post_79cd.html  カリブの海賊だったふたりの女性、アン・ボニーとメアリ・リードについて書きました。  彼女たちが「伝説の女海賊」と呼ばれるようになったのは、皮肉にも逮捕されたからであり、しかもそのとき妊娠していたからだ! そうでなければ女性ということがわから... 続きを読む

受信: 2007/10/16 9:31:28