2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« アントワネット気分でパリ、今日からあなたもパリジェンヌ講座《内容紹介》 | トップページ | 兄弟3人、みんな王にはなったけれど・・・ 1830年 »

2007年10月 1日 (月)

moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ)

バゲットを小脇に抱える、私だってパリジェンヌ!

第1回目の「私だってパリジェンヌ講座」は、「バゲットを小脇に抱える、私だってパリジェンヌ!」をお送りします。

せっかく小脇に抱えるのだから、パン屋さんに行ってみよう!
コンビニのようにパリに点在するパン屋さんは、看板もいろいろ。

11

12 12

ほとんどのフランスのパン屋さんは、大まかに2箇所に分けてパンを並べています。①ガラスケースに陳列されたクロワッサンをはじめとする小さな菓子パン類と、②店員さんの後ろに並べられた大振りなパン類です。

こうしたフランスのパン屋さんでは、お店の人に直接買いたいパンを伝えなければなりません。言葉に自信がないと、ちょっと二の足を踏んじゃうところですね。
旅行やお仕事でフランスに数日滞在する人々が、手前のガラスケースに並んでいるクロワッサンやパン・オ・ショコラなどを指でさして買っている場面に、少なからず出会います。私も最初はそれらのパン類を買う機会が多かったです。こうしたお菓子系のパンも日本ではめったに出あえない味・品質ですが、しかし基本のフランスパン、主食である「バゲット」を小脇に抱えて、焼きたてのはぜる様なパリパリの皮をつまみながらパリを歩いてこそ「私だってパリジェンヌ」だ!と思うようになったのです。

でも、家族と暮らしているならともかく、長さ68cmのバゲットを新鮮なうちに消費することは難しい!もう少し小さいパンだったら、半分の長さだったら...なんて思ったり。

そんな時に最適なのが値段も長さも半分の「半バゲット」こと「ドゥミバゲット」です。

Img_5843

私がいつも利用しているパリのごく一般的なパン屋さんをはじめ、フランスではこのようにバゲットは持つところだけを紙でくるりと巻いて渡されることが多いです。

【 ドゥミバゲット購入実践編 】 …私が考える一番単純で簡単な購入方法です。

用意するもの:1ユーロ及び50サンチーム硬貨

① レジの店員さんに挨拶「ボンジュール!」。笑顔は無駄なくらい満面でも、「やりすぎ」って事はありません。
② 注文をしましょう。「ユヌ ドゥミ バゲット シルブプレ(半バゲットをひとつ下さい)」。「ドゥミ」を強調しましょう。
③ 商品とお金を交換します。大抵の店員さんは、口頭で値段を伝えます。
もし値段が聞き取れなかった時は、準備した1ユーロ硬貨と50サンチーム硬貨を手のひらに乗せて「どっち?」と聞いてみましょう。どちらかを取って、お釣りを渡してくれます。

14
(こんな風に終始ニッコニコだと理想的♪)

④最後にも挨拶を忘れずに。
初級:メルシー(ありがとう)」
中級:メルシー」+「オーヴォワー(さようなら)」
上級:メルシー」+「オーヴォワー」+「ボンジュルネ(日中の場合)」
*ドゥミバゲットの価格帯は40サンチーム前後。1ユーロ弱の高級店もあります。

【UN POINT】
バゲットの表面に入っている切れ目のことを、クープと言います。パンを丸かじりすると、このクープで上あごを傷つけてしまう恐れがあります。
対策は至って簡単。クープが下を向くようにくるっとパンを半回転させてから食べればいいのです。サンドイッチを食べているパリジェンヌも、クープを下に向けて食べていますよ。

【ENCORE+お菓子もパンも食べればいいじゃない!】
「パンがないならお菓子を食べればいいじゃない!」…アントワネットが言ったとか言わないとかでとにかく有名なこの台詞。この「お菓子」、一説ではブリオッシュであると言われています。お腹に余裕のある方は、是非こちらもお試し下さい。
【ドゥミバゲット購入方法】の②の「ドゥミ バゲット」を「ブリオッシュ」に置き換えるだけで注文方法はOKです。

第1回講座はいかがでしたでしょうか。第2回講座もお楽しみに!(市瀬詩子)

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/10/01 11:29:04 moi aussi, je suis PARISIENNE.(私だってパリジェンヌ) | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16568475

この記事へのトラックバック一覧です: バゲットを小脇に抱える、私だってパリジェンヌ!: