2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« なとみ妄想deアランの湯~ベルばら入浴剤アラン編 | トップページ | 目と目があった瞬間に…運命の友 »

2007年11月 8日 (木)

天の涯から―東欧ベルばら漫談

失恋作法~女にふられた時は~

 ベルばらでは、オスカルの結婚話に苦しむアンドレが、兵営の階段に腰を下ろして一人煩悶していると、アラン「身分ちがいの恋にあきらめでもついたか、はっはっは」 と、ちょっかいをかけられる場面があります。
 アンドレが「もういっぺん、いってみろ」 と凄むと、アランも売り言葉に買い言葉で、
「目ざわりなんだよ! 女にふられたときはな、ドバーッと……」
とケンカをしかけるのですが、小学生の頃、初めて読んだ時には、ドバーッと何をするんだろう??」とずいぶん考えたものでした。

 「ドバーッっと泣く」のか、それとも「相手と取っ組み合う」のか。
 中学生になって、姉が、
「『ドバーッと酒でも飲んで、潔く忘れろ』という意味やろ」
と教えてくれてからは、私もそのように解釈してきたのですが、皆さまはいかがお考えでしょうか。

 ともあれ、恋の悩みというのは男も女も辛さは同じですし、失恋の痛みに国境はありません。
 ここポーランドでも、「彼女がアメリカで仕事を見つけて、離ればなれになった途端、現地の男に乗りかえた」とか、「デートの約束までしたのに、すっぽかされた上、電話番号もダミーだった」とかで、我が家にやけ酒を飲みに来た男性も何人かおりました。
 そういう時は、下手に慰めたりせず、みんなでガンガン飲むのが一番のように感じます。

 ポーランドには、「Wódka Chopin(ヴトゥカ・ショパン)」や「Żubrówka(ジュブルフカ)」といった、世界的にも有名な銘柄のwódka=ウォッカがいろいろ出回っていて、「飲む」と言えばpiwo(ピヴォ)=ビールよりもwódka、女性でも小さなショットグラスに10~20mlほど注いで一気飲みし、次いで、グレープフルーツ・ジュースをあおるという伝統的な飲み方をする人が大半です。ポーランド人が3~4人も集まれば、アルコール度数40%のwódka、750ml入りのボトルが一晩で2本は空きます。それぐらい皆さん強いし、ポーランドのwódkaは飲みやすいのです。

 しかしながら、私のお薦めは「Smirnoff(スミルノフ)」というロシア産のウォッカで、私はこれしか買いません。この旧ソ連のマシンガンのような名前のお酒は、日本酒の淡麗辛口を思わすようなさらりとした飲み口で、この味が分かったら他のウォッカは受けつけない――というぐらいハマります。
 その名の通り、効きも強烈で、前に日本のビジネスマンが勧められるままに飲んだはいいけど、突然、立てなくなって、往生したことがありました。
 私は心の中で「魔法の水」と呼んでいるのですが、この水に癒された若い男性は少なくないと思いますよ。もちろん女性もね。

 「恋愛」と言うと、お姫様みたいにチヤホヤされるのが恋の勝利者みたいに思われているフシがありますが、「愛されること」が恋の目的ではないし、世の中には、結ばれない方がいい恋だってありますもの。結ばれるばかりが恋ではないと思います。
 想いが本物なら、たとえ実を結ばなくても、相手の心に深く残って、いつまでも感謝されますし、本当に好きになった人のことは一生心に輝き続けるものです。
 いつでも思い返して、「あの人、幸せにしてるかな」と祈るような気持ちになるところに、恋の本当の価値があるのではないでしょうか。
 一所懸命に恋した末の失恋は、決して恥ではありませんし、好きな人にふられた時は、アランの言うように、ドバーッと酒でも飲むなり、喉が枯れるほどカラオケで歌いまくるなりして、潔くサヨナラを言いましょう。
 中谷彰宏さん曰く、「次の恋はもう始まっている」 のですから。
 枕を濡らした数だけ、幸せの滴が降り注ぐと信じて、元気出してくださいね。(優月まり

※以下は、私がとっても励まされた中谷さんの一文です。皆さんにとってもお役に立てばうれしいです。

 次の恋までの間に、君は一番変身している。
 君の瞳が、一番キラキラしているのは、新しい恋人とつきあい始めてからではない。恋人と別れた時から、見かけ上は、なんの変化もないようだけど、恋と恋の間に、君は一番生まれ変わっている。
 だから、その間の過ごし方が一番大切なんだ。じっと待っているよりは、歩き始めよう。君の知らないうちに、次の恋は、もう始まっている。

《引用文献》
・ 「次の恋はもう始まっている」中谷彰宏 著 PHP研究所

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/11/08 11:00:00 天の涯から―東欧ベルばら漫談 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/16932235

この記事へのトラックバック一覧です: 失恋作法~女にふられた時は~: