2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「一番長くてつらい夜」 | トップページ | 公開死体解剖ショー 1836年 »

2007年11月19日 (月)

ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内

警察博物館

Icon1_14なんとなく、シテ島にある警視庁のそばにあるものだと思っていたわ。 ここはどちらかというとパンテオンに近い・・・。



Icon2_13 そういえばそうだね。警視庁も手狭らしくて移転の話も出ているみたいだよ。



Icon1_14あら、そうなの?シテ島の警視庁って立派な建物だから、外観はぜひ残しておいてもらいたいわね。


警察博物館外観
警察博物館外観


Icon2_13 この「警察博物館」は、警視庁と違って、思いっきり普通の建物だなぁ。
しかもこれって・・・本物の警察署?入るのに勇気が必要かも。


Icon1_14あら、トラブルに巻き込まれたわけでもないし、警察署に入るチャンスなんてめったにないわよ。わたしはむしろ、ワクワクするけどな。


Icon2_13 う~ん、楽天的というか、ポジティブというか・・・。
今日は「ベルばら」にも出てきたあたりを重点的に見学しようかな。


Icon1_14それならやっぱり「首飾り事件」でしょう!
事件関連の展示は充実しているけど・・・うう、字が多くて見るの大変だわ。


Icon2_13 フランス語のみの説明なのが残念だけれど、展示物を見ているだけでも雰囲気があるな。ジャンヌやオリバ嬢の版画まで展示されているのが、ちょっとマニアックでいいね。


ジャンヌ・バロア
ジャンヌ・バロア。「ベルばら」のジャンヌに負けず劣らずの美人?


Icon1_14あら、二人ともなかなかの美人じゃない。
ワルな女で、しかも美女!ドキドキしてしまう~。


Icon2_13 ふーん、そんなものかねぇ。おれはやっぱり・・・って、そっちで何を見てるか知らんが、人の話は最後まで聞いてくれよ!


Icon1_14だってこっち、すごいのよ~。 拷問とか処刑とかに使ったようなものが、平然と並べられているんですもの。 それにこのギロチンのミニチュア!


ギロチンの模型
ギロチンの模型


Icon2_13 うわ・・・なんでこんなものを作る必要があるんだよ。
ご丁寧に処刑される人形まであるし。


Icon1_14 「悪いことをしたらこうなるぞ」っていう教材・・・なわけないか。


Icon2_13 うわ!後ろに人の気配を感じたと思ったら人形か。


おまわりさん人形
おまわりさん人形


Icon1_14へぇ、昔のパリのおまわりさんは、こんな格好をしていたのね。


Icon2_13 後ろ暗いところがあるわけじゃないけど、なんだか視線が気になって・・・。首筋が寒いような気すらしてきた。


Icon1_14あら、あなたは以前「ニセ黒い騎士」をやってたじゃない。盗賊の才能があるようだから、マークされてるのよ、きっと。


Icon2_13 あ、あれは捜査の一環!本物の黒い騎士を捕まえるためにやったのであって、本当に盗んだものは何もありませんっ!ほ、本当だってば。


Icon1_14いえ、あなたはとんでもないものを盗んだわ。


Icon2_13


Icon1_14それは・・・オスカルおねえちゃまの心です!


Icon2_13 なっ・・・!


Icon1_14ああ、この台詞をいつか使ってみたかったのよね。「ルパン三世」の名台詞。夢がかなったわ(笑)


Icon2_13 「ルパン三世」におれはオスカルと特別出演したこともあるから、縁がないわけではないけど・・・大人をからかうのもたいがいにしてくれ~(涙)



【周辺地図】

Vol18map2



【最寄り駅】

メトロ10号線「Maubert  Mutualite」駅下車

【住所】
4, Rue de la Montagne St.Genevieve 75005

【開館時間】
月~金:9:00-17:00、土:10:00-17:00

【休館日】
日曜日

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 えりりん 2007/11/19 0:27:00 ル・ルーとアンドレのふらんすぷち案内 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/17096273

この記事へのトラックバック一覧です: 警察博物館: