2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 断固結婚拒否! ダナイデスとオスカル | トップページ | 今週のベルばらKidsは「冷血になりきれない」 »

2007年11月23日 (金)

お便り募集&紹介

幸せだった前夜&美しい最期♪おたより

11月17日の「ベルばらKids」11月17日のお便りに感想をいただきました。

★taku-yukiさん

ネグリジェ(?)姿のオスカルはとても可愛かったですが、最愛のアンドレを失ったオスカルにとって一番長くてつらい夜、幸せだったその前夜とのあまりの落差を思うと胸が痛みます。

原作にはないその夜の事は、アニメでは丁寧に描かれていたと思います。アンドレを思いながら愛馬に乗ってひた走ったり、涙を流しながら国王側の兵士と剣を交えたり「愛を裏切る事より愛に気付かぬほうがもっと罪深い・・・」 とつぶやき街をさまようオスカル。朝になって探しに来たアランの胸で号泣するシーンも原作とは違うけれどとても印象的なシーンで、もらい泣きしてしまいます。

---
お便りありがとうございました。
アニメと原作だと違う印象を持ちますが、どちらも印象深いシーンですよね。

続いてはルパン三世2の101話へのお便りとベルばらKidsへの感想です!

★アビさん

そうでした。オスカルはアンドレを失って、「わたしを狂わせてくれ。さもなくばわたしを石にしてくれ。」 とアンドレを失った悲しみを吐露していました。後を追うように銃弾に倒れた時、オスカルは本当に悔いのない人生だったと感じたのでしょう。オスカルの最期の姿をわたしは本当に美しいと思いました。自分の人生に何の悔いもないと言えたオスカルは、幸せだったのではないでしょうか?連載当時は涙で読めませんでしたが。

眠れなくて羊を数えて重いと思っているオスカルさま。眠っているでしょう、「夢ですよ、夢」! おやすみなさい。

---
お便りありがとうございました!
担当もオスカルの最期のシーンは今も読むたびに涙が出てしまいます。
ベルばらKids」へはいつも素晴らしいツッコミをありがとうございます(笑)

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/11/23 23:00:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/17151418

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せだった前夜&美しい最期♪おたより: