2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 12月25日は | トップページ | お誕生日おめでとう♪おたより »

2007年12月27日 (木)

天の涯から―東欧ベルばら漫談

マリー・アントワネットの子守歌 ~海を越えた「みつばちマーヤ」~

 「みつばちマーヤ」というアニメをご存知でしょうか。
 この作品は、ドイツの児童文学作家ワルデマル・ボンゼルスの原作を、日本のアニメ制作会社がアニメ化し、1975年から76年にかけてテレビ放送されていたもので、後にドイツでも放送され、大変な人気を博したそうです。
 そして、この「マーヤ」は、私の夫が子供の頃から「pszczółka maja(プシチュウカ マヤ)」というタイトルでポーランドでも放送され、今なお代表的な子供番組として根強い人気を誇っています。
 主題歌は日本のものとは違い、ポーランド語のオリジナル・ソングが流れるのですが、これも母から子へと世代を超えて歌い継がれており、今やポーランドで知らない人はないほどです。

 で、ある時、「日本のアニメは流石やねえ。これほど国際的に愛されるんだもの」 とつぶやいたら、周りの人に、
「何を言っているんだ、マーヤはポーランドのアニメだよ!」
と反論されたのには驚きました。
 みんな、「みつばちマーヤ」はポーランドのオリジナル・アニメで、TVPという国営放送が作ったと信じて疑わないのです。
 私がこれは1970年代に日本で放送されていた、日本のアニメ会社による作品なの。ポーランドのテレビ局が、日本かドイツから輸入したんだよ」 と何回力説しても、誰も信じてくれません。挙げ句の果てには、「日本がポーランドの作品をパクったんだ」とか言われたり……。

 それもそのはず、ポーランドで放送されている「マーヤ」のエンドクレジットには、ポーランド人スタッフの名前だけが連ねられ、日本の制作者の名前はいっさい出てこないのです。
 たとえば、イタリアから輸入されて、ポーランド語のナレーションで放送されている『ヤッターマン(1970年代に放送されていたタイムボカン・シリーズの第二作目)には、制作者である「タツノコプロ」の名前が、日本の戦隊シリーズに刺激されてアメリカでも制作されるようになった『パワーレンジャー』のポーランド語版には、共同制作者である「東映」の名前が、ちゃんとエンドクレジットに流されるのに、なぜか「マーヤ」だけは、日本の「に」の字も出てこないんですね。
 これは一体どういうことだろうと思い、マーヤを制作した日本アニメーションに問い合わせのメールを書こうとしたのですが、なぜかメールフォームから送信できなくて、今に至っています。いつかまたコンタクトを取ってみたいのですが……。

 ともあれ、「みつばちマーヤ」は、ポーランドの伝統的アニメ番組として今も繰り返し放送され、主題歌はお母さんの子守歌として歌い継がれ、すっかりポーランド文化の一部と化しています。
 私としては、ポーランドの人に「これは日本のアニメなんだ」という事を知って欲しいのですけど、「『マーヤ』はポーランドの誇るアニメ番組である」と信じている人の方が多いと、夢を壊すようで悪いかもしれません。

 「ベルばら」では、娘マリー・テレーズに歌を歌って聞かせていたマリー・アントワネットが、一般の謁見のために席を立つと、
「ママン・レーヌ、いっちゃいや! もうしゅこし、お歌うたってちょうだい」 と泣いてすがりつかれ、後ろ髪を引かれる思いで、娘を置いて行く場面があります。
 アントワネットがただ歌うだけでなく、自ら作詞作曲も手がけるような音楽の好きな女性だったことは、近年、これらの楽譜が見つかり、池田理代子先生がヴェルサイユの調べ ~マリー・アントワネットが書いた12の歌としてCDに録音されたことからも明らかです。その中には、『A MA FILLE (娘に)』という楽曲もあり、アントワネットが子供達にどんな歌を歌って聞かせていたのか、想像が膨らみますね。
 今みたいに、ビデオやCD、音の出る電子玩具なんて無い時代ですから、母親が歌ってくれる歌は、子供たちにとってこの上なく優しい響きであり、美しい思い出だったろうと思います。
 日本の育児書などでは「最近の母親は子守歌を歌わない」と指摘されていますが、少なくとも、ポーランドのお母さんたちは「マーヤ」を歌い、その子供たちもまた母親になったら「マーヤ」を歌って聞かせるのでしょう。
 日本ではほとんど忘れ去られたような「マーヤ」の唄が、ポーランドで歌い継がれていくというのも不思議な話です。(優月まり

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2007/12/27 11:00:00 天の涯から―東欧ベルばら漫談 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/17427489

この記事へのトラックバック一覧です: マリー・アントワネットの子守歌 ~海を越えた「みつばちマーヤ」~: