2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ココアだけでは癒されず――ルイ14世妃   1683年 | トップページ | フランスに行くときの参考に♪おたより »

2008年1月16日 (水)

ベルばら絵日記

担当Oの妄想パン屋さん

もうすぐ「ルーヴル美術館展」が始まります。
すでに行く気満々の方もいらっしゃると思いますが、ナトミもすっごく楽しみです。
開催を記念して、いろんな企画・イベントがあるようですが、ご存知でしたか?この企画〜
パン屋さん「ポンパドウル」で、「ルーヴル美術館展開催記念 美と味の饗宴」という企画が催されておりました〜。

すっごく気になった担当Oさんは、会社帰りに「ポンパドウル」に立寄ったそうです。
そこでアントワネットが好んだと言われる「クグロフ」を購入。
一人家路を急ぐOさんは、「クグロフ」をかじりながら考えた・・・
「ポンパドウル」というお店の名前も、ルイ15世の愛妾ポンパドール夫人と同じ名前だし・・・

「もしも、あのデュ・バリー夫人が、パン屋さんだったら?」
「もしも、アントワネットが、パン屋さんだったら???」

・・・申し訳ないが、どっちのパン屋もあんまり行きたくないっていうのが、ナトミの本心。

デュ・バリー夫人はなんかいろんな物を、パンに混ぜって売ってそう〜。
「10個500円!」なんて、思いのほか、気前がよかったりして・・・でも10個中1つは毒入り。

アントワネットはイマイチ商売に興味が湧かず、一日中お店にいることが、窮屈でしょうがない。
結局お店のことは、経営担当のメルシーに任せて、自分は売り上げを湯水のように・・・

と、マイナスな妄想がナトミの頭を占拠してしまいましたが、
皆様は、誰のパン屋さんなら買ってみたいですか〜?

Photo

☆担当Oより☆
なとみさん、「妄想パン屋」ありがとうございます。クグロフ、おいしかったですよ。ちなみに、ロシアの犬の名前じゃありませんよ。ルーヴル展の関連リンクはこちらをどうぞ。

Kidsたちがルーヴル展を案内するミニガイド
ルーヴル展「ベルばら」チケットをフルセットでプレゼント!(1月15日まで)
池田先生の講演会やKidsのミニガイドなど 「ベルばら」の企画続々
特別観覧券「ベルばら」チケット登場!
ベルばらファンには見逃せない!ルーヴル美術館展、08年1月から
ルーヴル美術館展 宮廷の美」公式サイト

      ☆    ☆     ☆

《なとみさんの近況報告》
「ワラスト」っていうお笑いイラストレーター集団に入りまして、そこで面白い?くだらない?企画をやっております~

▼ワラストとは?
http://www.warasuto.com/
「お笑いイラスト」の略称。こちらのサイトでは、ギャグや笑いをメインに活動しているお笑いイラストレーター達が、笑えることや面白いことを探求していきます!なとみも参加しておりますので、是非のぞいてみて下さい!

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 なとみ みわ 2008/01/16 12:21:06 ベルばら絵日記 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/17713365

この記事へのトラックバック一覧です: 担当Oの妄想パン屋さん: