2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ハンカチ女王~バッグにしのばせたお洒落~ | トップページ | 今週のベルばらKidsは「乙女心とジェローデル」 »

2008年1月25日 (金)

神々のプロフィール―ばらに宿った神話―

見知らぬ美女に一目惚れ フェルゼンとアンキセス

 1774年1月、パリの仮面舞踏会で、スウェーデンの若い貴族フェルゼン伯爵は、とても愛らしい見知らぬ娘と出会った。彼女はオーストリアの皇女にしてフランス王太子妃マリー・アントワネットその人で、フランス中で最も身分の高い女性だったわけだが、ひと目彼女を見た瞬間から恋に落ちたとき、フェルゼンはその事実を知らなかった。彼女の高貴な身分は、仮面に隠されていたのだ。

 もしも、2人の出会いが仮面舞踏会ではなかったら、ベルサイユ宮殿で、フェルゼンが「王太子妃」マリー・アントワネットと出会ったなら、2人の世紀の恋愛は生まれただろうか。一国の王太子妃だと知っていて対面したなら、フェルゼンはただ彼女を敬っただけで、ひとりの魅力的な女性としてはみなかったのではないだろうか。正体不明の美女だからこそ、フェルゼンはただひたすら彼女の愛らしさにうっとりすることができたのかもしれない。

 ギリシャの神々も、特に人間の前では、その素顔を隠して現れる。人に一目惚れをした神は、ときには動物に姿を変え、ときには暗闇に隠れて、巧みに愛の果実を摘み取る。しかし、女神の場合は、やはり自分の美しさを愛する恋人に賞賛されたいという欲求を抑えられない。特に愛と美の女神ヴィーナスは、「黄金の」という枕詞が捧げられるその美貌を、恋人に見せつけて、うっとりさせないことには気がすまない。

 青年アンキセスは牛飼いだったが、不死なる神々のように美しかった。その姿は遥か天空に住まうヴィーナスの目にとまり、女神は一瞬にして恋のとりこになってしまった。
 ヴィーナスは、急いで自分の神殿へ行き、美と優雅を司るカリスたちに手伝わせて、なめらかな白い肌を磨き、神々だけに許された香油の、極上の香りをまとった。
 火よりもまぶしい赤い衣装のヴィーナスの胸元は、月のように蟲惑(こわく)的に輝き、その艶姿は獣たちにも恋の魔力を振りまいた。獣たちはいっせいに恋に目覚め、それぞれつがいとなって、アンキセスの元へと急ぐヴィーナスのあとに従った。

 もちろん、“勝負香油”に“勝負服”で現れたヴィーナスに、たかが人間の男にすぎないアンキセスが逆らえるはずがない。
 しかし、やりすぎたか、「あまりにも美しすぎる!人間とは思えない!」 と、アンキセスは平身低頭。「あなたさまに生贄を捧げます!」 とうやうやしく誓った。

 愛するアンキセスに美しさを賛美されたのは嬉しいが、女神扱いで終わってしまっては困る。ヴィーナスが欲しいのは崇拝ではなく、恋人としての愛だ。ヴィーナスは慌てて「わたくしは人間の娘で、さる国の王女です。あなたの妻になるためにここへ召されたのです。まずはきちんと結婚式をあげましょう」 と口からでまかせを言った。
 若いアンキセスは愛らしい唇から紡ぎだされたその言葉に、すっかり有頂天になってしまった。「結婚式なんか待っていられない!今すぐ愛し合いたい!」 さすがのヴィーナスにとってもこれは予想外だったが、恋人の情熱に応えない愛の女神ではない。

 しかし、翌日。アンキセスは彼女が女神ヴィーナスその人だと知り、血の気がひいた。神との恋はかよわい人間の運命には重過ぎて、必ず大いなる災難をもたらすからだ。
 
 正体が明らかになった後も、フェルゼンはアントワネットを心から愛し続け、ふたりは永遠の恋人同士だったが、かわいそうにアンキセスは、そういうわけにはいかなかった。ヴィーナスはのちに人間の男に身をゆだねてしまったことを恥じて、嘆いたという。そればかりか、「恐れ多くも大女神の肌身を見た」という罪で、美青年アンキセスは盲目にされてしまったともいう。神様って、ほんと、勝手すぎる!(米倉敦子

《参考文献》
「ギリシアの神話」 カール・ケレーニイ著 植田兼義著 中公文庫
「ホメーロスの諸神讃歌」 ホメーロス著 沓掛良彦訳 ちくま学芸文庫

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/01/25 11:00:00 神々のプロフィール―ばらに宿った神話― | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/17797297

この記事へのトラックバック一覧です: 見知らぬ美女に一目惚れ フェルゼンとアンキセス: