2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 遅くてすいません、今観ました。 | トップページ | 見知らぬ美女に一目惚れ フェルゼンとアンキセス »

2008年1月24日 (木)

天の涯から―東欧ベルばら漫談

ハンカチ女王~バッグにしのばせたお洒落~

私が初めてヨーロッパを旅行した時、一番困惑したのが公衆トイレでした。
行ったことがある方はご存知の通り、ヨーロッパの公衆トイレにはたいてい管理人さんが常駐し、使用する際は日本円にして100円から200円ぐらいに相当するチップを支払うのが常識です。

まあ、それはいいとして、私が非常に焦ったのが、用を足す時も管理人さんがその場に常駐して、本を読んだり、水周りを掃除したりと、使う人に遠慮する気配がまったく無いということでした。

時には、女性トイレに男性の管理人さんが居ることもあり、日本のトイレではザーザー水を流しまくって、「恥ずかし~」の一点張りできた私としては、出るものも出なくなるぐらい緊張したものでした。

が、それもポーランドに移住し、1年も過ぎる頃には、「公衆トイレ=有料=管理人さん常駐」の図式にも慣れ、日本に居た頃のように、用を足す時にザーザー水を流すこともなくなりました。しかしさすがに、男性の管理人さんが居る時は今でも落ち着かず、逃げるようにして出てくることも多いです。

その点、他の外国人女性はおおらかというか、悠長というか、まるで気にする素振りがないですね。用を足す時も自然ですし、ザーザー水を流し続ける人もありません。

トイレの個室に流水の擬音装置まで取り付けて、周りの気配に神経質になっている日本女性は、少々、窮屈な価値観の中に生きているのかもしれません。

それでも、日本女性のトイレ作法で良いなあと思うのは、手を拭く時にハンカチを使うことです。洗面所に自動乾燥機やペーパータオルが備え付けてあっても、バッグからハンカチを取り出して、手を拭く女性も多いのではないでしょうか。

4年前に帰国したときのこと、途中、乗り継ぎで利用したシャルル・ドゴール空港の化粧室で、日本の若い女の子のグループが手を洗った後、めいめいのバッグからハンカチを取り出し、手を拭いているのがとても印象的でした。備え付けのペーパータオルもあったのですが、びしょ濡れの手をぶらぶらさせたりせず、その場でさっと手を拭う姿が、とても清楚で可愛らしく見えたものです。

この「ハンカチで手を拭く」という習慣は、意外とヨーロッパやアメリカには無いんですね。
こちらでは、ハンカチは主に鼻をかむのに使い、日常的に持ち歩くことは稀だそうです。
ですから、公衆トイレに入ると、たいてい自動乾燥機かペーパータオルが備え付けてあって、バッグからハンカチを取り出して手を拭いている人というのは、私が知っている限り、見たことがありません。デパートにも日本のようにブランド物を取り揃えたハンカチ売り場はありませんし、そもそも買い求める人からして無いですよね。
日本では、フランスやイタリアのお洒落なブランド物のハンカチがたくさん売られていることを思うと、ヨーロッパではいっそうハンカチ文化が花盛り……というイメージがあるのですが、実際には、日本の方がハンカチを大切にしているように感じます。

ところで、このハンカチと深い関わりがあるのがマリー・アントワネットです。2006年12月9日のベルばらKids『ハンカチが真四角の訳』にもあるように、フランス宮廷でもハンカチのお洒落が大流行し、円形や長方形など様々な形のハンカチが出回っていた時に、「ハンカチは正方形にするように」とお触れを出したのが、当時のファッション・リーダーであるアントワネットでした。

それ以後、フランス国内のハンカチの形状は正方形になり、現代に受け継がれているのですが、いつかまたハンカチがお洒落の重要なポイントとして世界的に見直された時には、三角形や星型など実用性よりファッション性を重視した、新しいスタイルのハンカチが登場するのかもしれません。

「最近の若い女の子はハンカチを持たない」という話も聞きますが、ポーランドやアメリカの公衆トイレで、大きなゴミ箱に使用済みのペーパータオルが溢れかえっているのを見ると、バッグからそっとハンカチを取り出し、手を拭く習慣というのは、やはり美しく感じられます。

2006年には、甲子園のマウンドで、ハンカチで汗を拭う『ハンカチ王子』も登場し、改めてハンカチ文化の良さが見直されつつある今、「バッグにしのばせるお洒落」として、いつまでも日本女性の美徳を象徴するものであって欲しいと願っています。(優月まり

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/01/24 11:00:00 天の涯から―東欧ベルばら漫談 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/17783136

この記事へのトラックバック一覧です: ハンカチ女王~バッグにしのばせたお洒落~: