2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今年もよろしくお願いします♪おたより | トップページ | オスカルが今の日本を見たら…♪おたより »

2008年1月11日 (金)

神々のプロフィール―ばらに宿った神話―

一家にひとりは備えたい?!メルシー伯とヘルメス

 メルシー伯は―へたをすると、「それって誰だっけ?」と思う人もいるかもしれないが―実在の人物であり、「ベルばら」にもあるようにオーストリア女帝マリア・テレジアの大使だ。彼はとても有能で気が利く。一家にひとりは欲しい人物だ。

メルシー伯は「ベルばら」初登場の場面で、女帝からこのように依頼される。
「メルシー伯! どうかこのマリア・テレジアの使いとしてフランス宮廷にいき、わたしのかわりにあの娘を指導してくれませんか」
 使いとしてフランス宮廷に行くまでなら問題ないと思うが、女帝に代わってフランス王太子妃であるアントワネットの指導とは、大変なことだ。アントワネットはオーストリアとフランス両国の同盟の人柱という役目を負っているのだから、女帝の心配もよく分かるが、この任務は一外交官であるメルシー伯にとって過剰に重い任務なのではないか。

 しかし、メルシー伯は女帝の期待に答え、大使としてアントワネットを懸命にフォローしている。デュ・バリー夫人とアントワネットが反目しあった一件では、オーストリアとフランス両国の同盟のために妥協した誇り高いアントワネットの涙ばかりが目立つが、本当のところ事なきを得られたのは、水面下でのメルシー伯の活躍のお陰だ。メルシー伯がオーストリア本国に同盟の危機を伝え、デュ・バリー夫人に操られているルイ15世をとりなし、アントワネットを説得したのだから。
 
 ギリシャ神話で使者の役割をしている神は、虹の女神イリスと、神々の伝令役であるヘルメスである。イリスは神々の女王ヘラの腹心で、ヘルメスは神々の王ゼウスの息子にして腹心である。特にヘルメスはゼウスが主人であるだけに、大変苦労が多い。メルシー伯がそうだったように、ヘルメスは非常にやっかいな家族の揉め事を解決するため、いつも奔走させられている。

 ヘルメスは「アルゴス殺し」という物騒なニックネームをもっているが、それはこんな理由によるものだ。
ゼウスは例によって、イオという美貌の乙女に目をつけて、その純潔を奪ってしまったが、やっぱり例によってそれは妻ヘラにばれてしまう。怒れる妻がこちらにやってくるので、ゼウスは慌ててイオを真っ白い牛に変えてごまかそうとした。しかし、このときのヘラは意地の悪い微笑みを浮かべて、「その牛をわたくしにくださいな」 と言ってきた。もちろん、その牛がにっくき夫の愛人だと知っているのだ。ゼウスは困りはてながらも、断るわけにもいかず、イオである牛をヘラに渡してしまった。
ヘラは百の目をもち、眠ることのない魔神アルゴスに哀れなイオを見張らせた。そこで、ゼウスに依頼されたヘルメスが、多弁を駆使してアルゴスを眠らせたあと、魔神を剣で討ち果たし、イオを奪回した。

 また、ゼウスの娘ペルセポネを冥府の王ハデスが略奪し、花嫁にした件でも、ヘルメスが一役買っている。ゼウス自身はペルセポネとハデスの結婚を了承していた。だが、娘の母親である大地の女神デメテルは不承知で、怒ったデメテルはストライキをし、大地に実りがもたらされなくなった。かといって、自分で了承しておいて、「やっぱり返して」とは今さら言いづらい。困りはてたゼウスは、ハデスの説得をやはりヘルメスに依頼し、ペルセポネをデメテルの手元に返させた。

 メルシー伯もヘルメスも問題を巧みに解決してくれる、とても便利な使者たちだ。
しかし残念ながら、彼らは万能ではない。アントワネットの遊び好きで考えることが苦手な性格を直し、立派な王妃にすることはメルシー伯にはできなかったし、ゼウスの女ぐせの悪さを治して彼を品行方正にすることなどヘルメスには到底できないのだから。
いくら使者たちが優秀でも、根本的な問題となると、やっぱり残念ながら人任せというわけにはいかないのが辛いところだ。(米倉敦子

《参考文献》
「ギリシアの神話 神々の時代」 カール・ケレーニイ著 植田兼義訳 中央公論社
「変身物語」 オウィディウス著 中村善也訳 岩波文庫
「マリー・アントワネット」シュテファン・ツヴァイク著 中野京子訳 角川文庫

《参考リンク》
庶民に愛されたトリックスター・ヘルメス…ヘルメスのもう一つの顔
さまよえる母性愛 デメテルとポリニャック伯夫人…大地の女神デメテルとその娘ペルセポネの物語

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/01/11 11:00:00 神々のプロフィール―ばらに宿った神話― | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/17631742

この記事へのトラックバック一覧です: 一家にひとりは備えたい?!メルシー伯とヘルメス: