2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« ジェロさまのポイント高し♪おたより | トップページ | タイタンの力はなくても―アンドレの起こした奇跡 »

2008年3月13日 (木)

交換日記

最終回へのお便りありがとうございました(優月まり⇒ほのかさん&アビさん)

最終回残念です」のお便りに「天の涯から―東欧ベルばら漫談」の優月まりさんからお返事が届きましたのでご紹介いたしますnote

★ほのかさん。

メッセージを下さいまして、どうもありがとうございました
楽しみに読んで下さって、本当に嬉しく思います。

恋人達の夏時間」は、ポーランドに来てからつくづく実感したものです。
あっという間に明けてしまう夏の夜を思うと、「この一夜」と心を決めたオスカルの気持ちがよく分かります。
それだけに、素直にアンドレの胸に飛び込めたのかもしれないですね。

歴史の本は私も好きです。
当時を生きた人が社会の出来事や自分の気持ちを文章に残して下さってることに感謝の念が湧きますね。
ユダヤ人女性の日記を通して、その方とたくさんお話して下さいね。

ほのかさんもお元気で頑張ってください。

★アビさん。

度々、感想を下さいまして、本当にありがとうございました。

その後、日本在住のポーランド女性は幸せに暮らしておられますか
「欧州から日本」の逆パターンは、日本人が欧州に住むより難しいと聞いています。
日本の習慣に馴染んで、楽しく過ごしておられたらいいですね。

愛の時間は長さより深さ」というのは、
大事な恋の想い出を振り返った時、しみじみ感じることです。
「恋をしてよかった」と思えるのは、相手に愛された時ではなく、
たとえ一瞬でも、完全燃焼するような心の高ぶりを感じた時ですものね。
そういう一時を持てたオスカルとアンドレは本当に幸せだったと思います。

連載を楽しみにして下さっていた方々、本当にありがとうございました。

お休みの間にブラッシュアップして、
また皆さまにお目にかかれたら、と願っています。

改めて、読者の方々、ならびにKidsスタッフ一同さまに心より御礼を申し上げます。

p.s
ポーランドの暮らし、育児生活、東欧流の育児観に関しては、下記のサイトにちょこちょことアップしています。
興味のある方はぜひ遊びに来て下さいね。(優月まり)

heartまるメゾン 育児館heart

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/03/13 17:02:05 交換日記 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/40483722

この記事へのトラックバック一覧です: 最終回へのお便りありがとうございました(優月まり⇒ほのかさん&アビさん):