2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 今週のベルばらKidsは「ロザリーの役割とは」 | トップページ | ついに世継ぎを残せず 1818年 »

2008年3月24日 (月)

お便り募集&紹介

お皿の傷に親しみ♪おたより

ルーブル美術館展」に行かれた読者の方からお便りをいただきましたnote

spade     spade     spade

★ひろりんさん

2月に「ルーブル美術館展」に行ってきました。
休日だったので、すごい人で展示品を見るのが大変でした。でも、どれも優雅なものばかりで、当時の華やかさがしのばれ、ため息がでました。

なかでも目を引いたのがマリー・アントワネットの旅行鞄に収納されていた携帯用のお皿。そこだけ微かなライトが当てられていて、よく見るとお皿の表面に何本かのナイフで物を切ったあとのような傷が。「これは、ひょっとするとお食事を頂く時にアントワネット様がつけた傷?」そう思ったら、なんだか急にアントワネット様が身近な親しい人の様に思われ、展示してあるケースの前で食い入るように見てしまいました。
きっと、アントワネット様は楽しいおしゃべりをしながら、お食事を頂いていたのでしょうね。

行かれたみなさんは、お気づきになられましたか?
私はあのお皿がとても印象に残り、機会があったらもう一度足を運びたいと思っています。

---
お便りありがとうございましたhappy01 担当Iも先日行ってきましたが、お皿の傷には全然気がつきませんでしたcoldsweats02
実際に使用していたお皿ですもんねsign03 アントワネットがつけた傷かも…と思うと、確かに身近に感じますね~happy02

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/03/24 23:34:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/40624501

この記事へのトラックバック一覧です: お皿の傷に親しみ♪おたより: