2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 黒いダイヤモンドをパリジェンヌと一緒に食べる! | トップページ | 「庶民、バンザイ!」と叫びたい♪おたより »

2008年3月 3日 (月)

お便り募集&紹介

小3で女性論&悪人も好きになりました♪おたより

2月23日の「ベルばらKids」に感想をいただきましたsun

spade     spade     spade

★匿名希望さん

「柳に雪折れなし?」のようなロザリーの感想
か弱げなのに動乱の世の中をしっかり生き抜くロザリーは、少女マンガの定番であり、オスカル様に迷惑?をかける彼女に頭にきた読者も多かったのでは?

関係ないかもしれませんが、先日小3年の長男が学校の掃除中に同じクラスのA君から「ねえ、女って不可能を可能にする不思議な人種だと思わない?」と言われたそうです。私は「はー?A君には妹かお姉さんがいるの?」と息子にきくと、我が家と同じ小1の妹がいるとか。
2才下の妹を見て女の強さ、不思議さをすでに体得したのか?A君たち男子数人で「女性論」を戦わせていると、無常にも担任の先生に怒られ、くもの子を散らすがごとく解散したらしいのですが、私も男子の井戸端会議に透明人間になって参加したかったです。

---
お便りありがとうございましたsign03
小3でそこまで会得するとは…おそるべしcatface 今後の成長に期待大ですねheart01

spade     spade     spade

★アビさん

そうですよ。ロザリーは強いのです。母も姉も悪女なのに、悪に染まらず、オスカルの死に立ち会い、アントワネットの死をも見送り、その後の革命を生きてベルナールの死に出会っても、「ナポレオン個人を恨んではいけない。」と息子に言いました。その時代に生きた、歴史の証人として生きるのだと。
私は、ずっとオスカルが好きでした。ベルばらは何度も読みました。宝塚にも通いました。あれから30数年、登場人物はみんな好きになりました。それはみんな自分の生き方に信念を持っているからだと、このごろ思います。悪人は悪人なりに。変ですけど。
ところでアントワネット様、国王陛下がかわいそうですよ。猪八戒お似合いでしたけど。

---
お便りありがとうございましたsign03
大人になってからの見方は変わりますよね。ベルばらの登場人物は悪女たちもみんな生きるのに必死で、担当Iもなんだか憎めなくなってきました。
国王陛下の猪八戒pig、あまりに似合いすぎで笑ってしまいました~coldsweats01

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/03/03 23:03:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/40313308

この記事へのトラックバック一覧です: 小3で女性論&悪人も好きになりました♪おたより: