2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 理代子先生もお招きを♪おたより | トップページ | 高すぎる高慢の代償 ポリニャック伯夫人とアラクネ »

2008年4月24日 (木)

お便り募集&紹介

オスカルの言葉の重さを痛感♪おたより

テーマ投稿 ベルばらなればこそ!の『名セリフ』」にお便りをいただきましたsign01

diamond     diamond     diamond

★ひろりんさん

自由であるべきは心のみにあらず!!
人間はその指先1本、髪の毛1本にいたるまで、すべて神の下に平等であり、自由であるべきなのだ

パリ出動の日にオスカルが衛兵隊員たちを前にして語った言葉の一部分です。
民主主義が主流となり、平和な世の中に生まれた私たちは、自由と平等は人間に与えられた当然の権利と当たり前のように思っていました。しかし、それは一部の恵まれた人達のみのこと。この地球上ではいまでも自由を求めての争いや、肌の色が違うというだけで受ける差別、飢えや貧困等、様々な問題が絶えず繰り返されています。
オスカル達が生きた時代から200年以上経った現在でも、未だ解決されていないこの問題。自由と平等とは、愚かな人類に科せられた、永遠に解決できないテーマなのではないかとまで思えてきます。
それを思うと、オスカルによって語られたこの言葉の重さを改めて痛感させられました。

---
お便りありがとうございました。
「多くの問題が未だ解決されていない」、悲しいですがそれが現状かもしれません。
しかし、たくさんの人がオスカルの言葉に感動し共感しているのは、オスカルのメッセージを受け取って差別のない世界を願っているからではないでしょうかhappy01

テーマ投稿募集「ベルばらなればこそ!の『名セリフ』」
「ベルばらなればこそ!の『名セリフ』」★テーマ投稿

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/04/24 23:19:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/40980431

この記事へのトラックバック一覧です: オスカルの言葉の重さを痛感♪おたより: