2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« アラン、ありえない〜 | トップページ | フランスに行ってきました♪おたより »

2008年4月10日 (木)

お便り募集&紹介

ルーヴル展で“ため息”の連続&2回行ってきました♪おたより

ルーヴル展に行かれたtaku-yukiさんと、フランソワ・アルマン大好き!さんからお便りをいただきましたheart01

spade     spade     spade

★taku-yukiさん

先日やっとルーヴル展に行って来ました。なんて豪華な品々!こんな物が違和感無く置いてある宮廷生活は夢のような世界だったのでしょうね。「庶民」の私はため息の連続でした。でも「嗅ぎ煙草入れ」は豪華だけどとても可愛くて、欲しくなってしまいました。
中国や日本趣味的なものがあるのには何だか不思議な感じでしたが、私達が欧米の物に憧れるように、フランス人は東洋の物に憧れたのでしょうか。
また、ブルーの布が張られた「王妃の椅子」を見た時は、私の中ではベルばらの世界の中に存在していたアントワネットが、ちゃんと実在していた人なんだという実感が一気にあふれてきました。
本当はもっとゆっくり見たかったのですが、家族と一緒だったのでなかなかそうもいかなかったのが残念でした。こういうのは一人でじっくりが良いですね。

---
お便りありがとうございますhappy01 taku-yukiさん、ルーヴル展に行かれたんですね~happy02
東洋文化との融合、素晴らしかったですよねshine 担当Iも王妃の間の椅子からアントワネットの息吹を感じましたsign03

spade     spade     spade

★フランソワ・アルマン大好き!さん

いざ!ルーヴル展3完結編についてのお便りです。

私もルーブル美術展に行ってまいりました!
あまりにも素晴らしくて、2回行っちゃいました。2回目は最終日でしたので前より混んでいました。
あと中学生は無料なんですね!
思わず「10スゥも払わなくていいんですか!?」
と思ってしまいまして・・・。
こんな良い物が無料で見られるなんて学生の特権?(笑)
本題ですが、本当に250年以上もまえの物とは思えないくらいきらびやかで豪華なものばかりでした!
中でも「マリー・アントワネットと呼ばれる若い女性の肖像入り嗅ぎ煙草入れ」、題名の通り彼女かどうか定かではないんですよね!
だからつい、「じゃあもしかしてニコル・ド・オリバ・・・!?」 なんて思ってしまいました(^^;
他には、日本の漆器にフランスの飾りの付いた物や、香水の泉などうっとりするものばかりで、感動しました。
是非、またいつかやって欲しいなぁと思います!

---
お便りありがとうございましたnote 2日行かれたんですね~うらやましいですhappy02 あの嗅ぎ煙草入れの肖像がニコル・ド・オリバだったら…想像が膨らみます~~sign03

東京都美術館でのルーヴル美術館展は4月6日、好評のうちに幕を閉じました。4月26日からは神戸市立博物館にて開催されます。関西の皆様、どうぞお出かけください!!⇒ルーヴル美術館展の公式サイトへ

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/04/10 10:36:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/40815580

この記事へのトラックバック一覧です: ルーヴル展で“ため息”の連続&2回行ってきました♪おたより: