2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 天海さんのオスカル見たかった♪おたより | トップページ | 流転の王女、故郷へ帰る マリー・テレーズとダナエ »

2008年7月25日 (金)

お便り募集&紹介

生き方はぜんぜん別&愛を感じていたはず♪おたより

ベルばら絵日記オスカルとユリウス」に感想をいただきましたnote

diamond     diamond     diamond

★ひろりんさん

なとみさま、こんにちは。
毎週水曜日は、なとみさまの絵日記を楽しみにしています!

オスカルとユリウス。男装の2人ですが、生き方はぜんぜん別ですね。オスカルは女性であることを公にしていますけど、ユリウスは前半では、隠して生きています。そのせいか、ユリウスはオスカルに比べると精神的にもろい面があるように思えます。オスカルは男装でも女性として生き、ユリウスは男性として生きなければならなかったので、そのプレッシャーも大きかったのでしょうね。
オスカルにも、女性であるが故の悩みはありましたが、精神のバランスを保っていられたのは、常にアンドレが側にいて、オスカルの支えとなっていてくれたからでしょうね。

---
女性を隠していたこと、かなりつらかっただろうな…と感じずにはいられません。外見は似ているけれども、二人の生き方はかなり違いますね。お便りありがとうございましたshine

diamond     diamond     diamond

★アビさん

なとみ様

ユリウスですよ。ユリウス。間違えないであげてね。
ユリウスは、過酷な人生を生きたけれど、女性としては、幸せだったと私は考えています。心の平安は、得られたかどうかは、計り知れませんが、恋人からも、姉からも愛されていたことは、痛いほど感じていたと私は信じています。

---
お便りありがとうございましたhappy01 お名前のご指摘、申し訳ありません。ありがとうございました。
まわりの人の愛がユリウスに伝わっていたら、幸せだっただろうなと担当も思いますsign03 

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/07/25 9:43:00 お便り募集&紹介 | | トラックバック (0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/41948380

この記事へのトラックバック一覧です: 生き方はぜんぜん別&愛を感じていたはず♪おたより: