2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« オスカル主演でドラマにしたら…♪おたより | トップページ | 【テーマ投稿】オスカルの優しい物言いに感動♪おたより »

2008年7月15日 (火)

世界史レッスン

「死んだ父が見たい」 1718年

  ~アントワネット生誕37年前~

 一国の絶対君主ともなると、親子喧嘩(夫婦喧嘩もだが)凄まじい権力闘争から文字どおり死闘へと直結する場合がある(プロイセンのフリードリヒ大王が、危うく父王に処刑されかけたエピソードは以前書いた)。今回はロシアの二例――

 まずはピョートル大帝。彼は最初の妻との間にできた不出来な息子アレクセイに苛々し、アレクセイの方も強圧的な父親を心底憎み、「死んだ父が見たい」と言ったとされる。

 爆弾を抱えたようなこの関係が、弱い方の死で終わるのは目に見えていたから、アレクセイは戦々恐々とした。それでも自分がひとり息子でいるうちはまだよかったが、父の再婚相手に男児が産まれたとき、いよいよ命の危機に直面したのを知る。

 やむなく彼は父に、王位継承権の放棄を申し出た。ピョートルはあっさり承諾すると同時に、修道院へ入るよう命じて(すでに大帝は、自分の姉も最初の妻も修道院へ放り込んでいた)、遠征に出発した。

 それから半年後、アレクセイにしてみれば、父が戦死してくれたら自分の天下である。それを願っていたのだろう、全く動こうとしなかった。報告を受けたピョートルは、即刻、自分のもとへ馳(は)せ参じていっしょに戦うならよし、そうでなければ直ちに修道院へ入れ、と戦地から息子に厳命した。

 アレクセイはどうしたか? 父のもとへ行くと見せかけ、少数の供の者や愛人を連れ、ウィーンのカール6世(義兄)のところへ逃げ込んでしまった。さあ、大帝の怒るまいことか。

 ウィーン側はこのやっかいな政治亡命者をできる限り庇護したが、ピョートル大帝は粘り腰で交渉し、寛大な処置をとるからと約束して、1年後の1718年、やっと息子を取りもどす。

 そんな約束が守られないことは、アレクセイも半ば覚悟していたのではないだろうか。父は息子に手加減などせず、当時の「通常の」取調べ、即ち激しい拷問(!)を加えた。アレクセイは、父を殺してツァーリになるつもりだったことを認め(拷問されれば何だって白状するだろう)、死刑を言いわたされる。

 だが28歳のこの若者は、死刑執行前に死んでしまった。拷問による衰弱死とも、自殺とも、また父自らがふるった斧で殺されたとも言われている。こうしてみると「我が子を喰らうサトゥルヌス」の世界が、決して神話にとどまらないことがわかる。

 続きは次週。 (中野京子)

《関連コラム》
~ピョートル大帝~
王妃との不倫は命がけ
ばればれの変装
ピョートル大帝の黒人奴隷

★中野京子さんの新刊情報★
お待たせしました!「怖い絵」第2作が出ました!
「怖い絵2」(朝日出版社/価格1,890円)

 今回登場する絵は、「世界史レッスン」でも登場した『カルロス2世』の肖像画(「血族結婚繰り返しの果てに」)、ホガースの『精神病院にて』(「観光名所だった精神病院」)や、「神々のプロフィール」でおなじみのギリシャ神話のエピソードを描いたルーベンスの『パリスの審判』など20点。あの名画の印象が変わります。


詳しい本の内容はbook.asahi.com でチェック!

 

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 中野京子 2008/07/15 8:22:17 世界史レッスン | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/41840408

この記事へのトラックバック一覧です: 「死んだ父が見たい」 1718年:

» 夏休みこそ「この一冊」 トラックバック 中野京子の「花つむひとの部屋」
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン」第120回の今日は、「死んだ父が見たい」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2008/07/post_6c45.html#more  父ピョートル大帝の不興を買って殺されたアレクセイについて書きました。ほんと、ピョートルって山ほどのエピソードの持ち主だなあ。。。  光文社の小雑誌「本が好き!」はご存知でしょうか?今出ている8月号の特集<夏休みこその「この一冊」>に、わたしも書きました... 続きを読む

受信: 2008/07/15 9:18:05