2013年2月末をもってブログの更新を終了いたしました。 ⇒詳しく
e-book Japan ベルサイユのばら

0228delete -->

« 7月29日の「世界史レッスン」はお休みです&「危険な世界史」発売のお知らせ | トップページ | 海とオスカル »

2008年7月29日 (火)

Kidsのアトリエから

フジコ・ヘミング『パリ音楽散歩』であなたもパリジェンヌ

 モーツァルト、ラヴェル、ショパン、ドビュッシー、フォーレ…。パリはたくさんの音楽家が過ごしてきた街。彼らにゆかりのある場所がそこかしこに残っています。ひととおり観光地を巡ったら、今度のパリは音楽をテーマに歩いてみませんか?フジコ・ヘミングさんのエッセイ『パリ音楽散歩』があなたの道案内を務めます。

        note        note         note

 パリと東京で暮らすピアニスト、フジコ・へミングさんの最新エッセイ『パリ音楽散歩』は、パリにゆかりのある音楽家の足跡を訪ねながら、美しい写真ともにパリを散策する素敵なパリガイドです。訪ねる音楽家たちはラヴェル、ショパン、ドビュッシー、リスト、モーツァルト、サン=サーンス、ワーグナー、フォーレ、ベルリオーズ、サティ、ビゼー、クープラン、フランク。博物館や記念館はもちろん、彼らの暮らした家、演奏した場所、埋葬された墓地などを紹介します。

 また、音楽家フジコさん自身のお気に入りの場所にもご案内。モンマルトル、サン・ルイ島、マレ、と個性豊かなエリアに暮らしたフジコさんが、お気に入りのレストランやショップに連れて行ってくれます。
 ル・マレ地区のフランス歴史博物館を訪ねたときはちょうどマリー・アントワネット展が開催中で、アントワネットが大好きというフジコさんは同展のポスターの前にたたずみ、「彼女の写真、手紙や愛読書など珍しい資料を見ることができてうれしかった」と語っています。
 そのほか幼少の頃からのピアノにまつわる思い出、コンサートのエピソード、好きな共演者や演奏家など、音楽に対するフジコさんの現在の心境が伝わるエッセイ集です。

 本書で紹介された場所は、地図や住所などの情報がついているので、ガイドブックとしても便利。フジコさんの優しい語り口に誘われて、パリを散策してみたくなる、そんなエッセイです。

フジコ・へミング(Ingrid Fujiko v. Georgii-Hemming)
ピアニスト。日本人ピアニスト、大月投網子とロシア系スウェーデン人画家、建築家ジョスタ・ゲオルギー・ヘミングを両親としてベルリンに生まれる。東京音楽学校(現・東京芸術大学)に進み、その後ベルリンに留学。片耳が不自由というハンディを乗り越えてピアニストとして、パリ、東京に居をかまえ活躍。コンサートは毎回チケットが取れないほどの人気。

Ca8099by

『パリ音楽散歩』
著者:フジコ・へミング
出版社:朝日新聞出版
発行年月日:2008年7月18日
ISBN:978-4-02-250459-3
価格:1575円(税込)

⇒アサヒ・コムBOOKで詳しい情報を見る

お便り募集このコラムをお読みになった皆さんの感想や質問をお待ちしています。 ⇒こちらの「ベルばらKids専用フォーム」からどうぞ。

投稿者 ベルばらKidsぷらざスタッフ  2008/07/29 15:00:00 Kidsのアトリエから | | トラックバック (1)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165303/41967104

この記事へのトラックバック一覧です: フジコ・ヘミング『パリ音楽散歩』であなたもパリジェンヌ:

» マリー・アントワネットのこと トラックバック WEBの情報缶!
楽天から検索された商品マリー・アントワネット¥ 3,591オススメ度:★★★★出演:キルスティン・ダンスト(Kirsten Dunst)/ジェイソン・シュワルツマン(Jason Schwartzman)監督:ソフィア・コッ…マリー・アントワネット[2枚組] 初回限定生産¥ 9,261オススメ度:★★★★出...... 続きを読む

受信: 2008/08/01 10:03:08